俳優・女優

Amazonアレクサ肉じゃがCMが不快すぎる!拒否する理由はなに?

 

既に放送しているAmazonアレクサのCMが不快すぎると話題になっています。

 

maron
maron
先日、きゃりーぱみゅぱみゅさんも苦手と発言していました。

 

今回は、AmazonのアレクサCMが不快な理由をまとめます。

 

スポンサーリンク

 

アレクサCMが不快な理由①:マザコン

CMの内容

アレクサCMの内容は、男性が手料理を造ろうと母親の肉じゃがを作ります。

しかし、母親の肉じゃがと同じ味にならないので母親に電話しアドバイスを求めます。

すると母親はカレーにしてしまい、「で、今回はどんな子なの?」と聞きますが、男性はブチっと電話を切って、訪問客をもてなそうとデートの曲をかけます。

ネット上で意見が多かったのは、男性がマザコンなこと。

マザコンが悪いわけではありませんが、女性としてはお家デートでワクワクしているのに
男性の母親の味を食べさせられる‥…というのが受け入れがたい。

料理が苦手ならクックパットなどをみれば料理のレシピは出てくるのに、わざわざ母親に作り方を聞くのがマザコンと思わせてしまうようです。

また「かあさんの味にならない」という発言から、母親の味が一番というのが伝わってくるのでマザコンで毛嫌いされてしまったようです。

 

スポンサーリンク

 

アレクサCMが不快な理由②:母親の発言

次に多かったのは、母親の「で、次はどんな子なの?」といった発言です。

男性の年齢は30代くらい…にもかかわらず母親に料理を教えてもらい、母親も訪問客がどんな子か探る発言が毛嫌いされる理由です。

 

maron
maron
今までの彼女、全員を知っているようで怖いですね。

 

息子が可愛いのは当たり前ですが、結婚してもおかしくない年齢の息子の彼女を気にするのはどうかと思います。

彼女としても母親がイチイチ干渉してくると嫌気がさしますね。

アレクサCMが不快な理由③:デート曲で演出

ムードは大切ですね。

初めて彼女が自分の家にくるのであればムードを高めたいのは理解できます。

しかし、演出に余念がないところが女性的には必死感があって受け入れにくいようです。

お家デートだからこそありのままで迎えられたいのですが、室内の明かりが暗めでデートの曲をかけるという演出はちょっと気合い入れすぎというかソワソワしちゃいますね。

他にも、せっかく母親に料理の作り方を教えてもらったのにお礼を言わずに切ってしまうというところも、不快に感じる理由なようです。

まとめ

今回はアレクサCMが不快な理由をまとめました。

マザコンであるのは悪くはありませんが、お家デートに母親の味を食べさせたいと思うところや母親の詮索・デートの曲をかけてムードを作るといったところが不快に思う人続出な理由です。

 

スポンサーリンク

 

フリーライター
maron


横浜生まれ横浜育ちの maron が
「キニナル」場所やグルメを
独自目線で紹介します。

芸能ニュースや収納術などを
随一公開中!