俳優・女優

あゆ役の演技が下手すぎると話題!棒読み&口パクで賛否の声

歌手の浜崎あゆみさんが赤裸々に語った自伝本「M 愛すべき人がいて」がドラマ化されました。

主演は、第2の浜崎あゆみとエイベックスから期待されている安斉かれんさん。

安斉かれんさんの本職は歌手なので、ドラマ内での歌唱シーンやルックスが放送前から注目されていました。

そんなあゆ役の安斉かれんさんの演技が下手すぎると話題になっています。

あゆ役の演技が下手すぎると話題

2020年4月18日から放送が始まった「M 愛すべき人がいて」。

主演の安斉かれんさんは、エイベックスの大型新人として2019年に売り出されましたが、イベント等に出演しても姿を一切見せませんでした。

なので一時期「実在しないのでは?」と言われ、ミステリアスな印象を与えていました。

安斉かれんはバーチャル歌手なの?影武者や露出が少ない理由を調査令和の歌姫としてエイベックスが大々的に売り出すはずだった新人歌手安斉かれんさん。 全くメディア露出がないので「実在しないのでは?」...

そんな安斉かれんさんがドラマに出演するということで放送前から話題になっていました。

期待値が高かった分、実際に安斉かれんさんの演技をみて「大物感ない」や「意外とフツー」などガッカリした印象を受けたのかもしれません。

あゆ役の演技が下手だと思う理由

安斉かれんさんの演技はどういったところが下手だと感じているのでしょうか?

ネットの声を見ているといくつか見つかりました。

  • セリフが棒読み
  • あゆの歌は口パク

演技が初めてなので仕方がないという声がある一方で、やはり演技力や歌唱力は気になりますよね。

セリフが棒読み


安斉かれんさんはすでに大根女優と呼ばれていました。

あゆ役を演じるので安斉かれんさんに期待する視聴者も多かったはず。

実は過去に浜崎あゆみさんもドラマに出演していました。

浜崎あゆみさんの演技は高評だったので、安斉かれんさんと比べてしまったのでしょう。

エイベックスから期待されている・歌手・歌が上手いといった共通点を持つ安斉かれんさんは、今後もなにかと比べられそうですね。

あゆの歌は口パク


安斉かれんさんの本職は歌手です。

そして浜崎あゆみさんのドラマなので当然歌唱シーンがあるとファンから期待されていました。

安斉かれんさんが歌う浜崎あゆみさんの曲ってどんな風になるのか期待していたところ、浜崎あゆみさんの曲はなんと口パク。

ドラマでも浜崎あゆみさんの声を流すなど手抜きが見られました。

せっかく安斉かれんさんは歌手で歌唱力を見せれるチャンスだったのに、残念ですね。

第2話以降では実際に歌っているところが見れるのでしょうか?

あゆ役の演技が許せるという声

安斉かれんさんの演技について許せるといった声もありました。

演技が下手だと言われる中でこういった声があるのは、それだけドラマが注目されているということですね。

許せるといった声には「似てる」「かわいい」といった、ポジティブな意見が多数見られました。

話し方や声があゆ本人に似てる


安斉かれんさんを初めてみたという人が大半の中、浜崎あゆみさんに話し方や声が似ていると言われるのは嬉しいですよね。

一部意見ですが、浜崎あゆみさんのデビュー当時を思い出すファンもいて安斉かれんさんがあゆ役に選ばれたのが納得という声もありました。

安斉かれんは浜崎あゆみに似てる?【画像】顔やデビュー曲で比較してみたエイベックスの新人歌手・安斉かれんさん。 浜崎あゆみさんの自伝本「M 愛すべき人がいて」がドラマ化されることが決まり、浜崎あゆみ役...

安斉かれんがかわいい

安斉かれんさんのルックスを賞賛する声が多くあがりました。

演技は下手でもかわいいから見れる」といった声まで・・

安斉かれんさんはデビュー後、コスメブランド「M・A・C」の店頭コレクションビジュアルに採用されています。

また「ポス(ポストミレニアム)ギャル」と呼ばれる次世代型のギャルを代表。

ツヤツヤでお人形みたいなルックスがかわいいと言われています。

下手すぎる演技は演出?

鼻にかかる声はまさに浜崎あゆみさんの声に似ています。

安斉かれんさんの演技はあえて下手に演出しているのではないかとも言われています。

演技が下手だとそれだけで話題にもなりますよね。

初々しさを演出するためにあえて安斉かれんさんには演技力を求めず、他の役者の演技力でカバーしようという演出側の作戦という意見もありました。

実際にここまで下手ならドラマが進む中で演技力が向上し成長する姿が見れるかもしれませんね。

あゆ役の演技に今後も期待

あゆ役である安斉かれんさんは、ドラマ初出演。

しかも大先輩の浜崎あゆみさんの自伝本をドラマ化した作品で、あゆ役を担うということで相当プレッシャーもあったでしょう。

話が進むにつれ、ますます人間関係がドロドロしていくと予想できる今回のドラマ。
今後も注目ですね。