俳優・女優

あゆのドラマが面白い理由は?ビジュアルや棒演技がクセになると話題

歌手の浜崎あゆみさんの自伝本「M愛すべき人がいて」がドラマ化されました。

あゆ役にエイベックスの新人歌手・安斉かれんさん・松浦社長に三浦翔平さんと放送前から話題になっていました。

そんなあゆのドラマは、「ヒドすぎる」「逆に面白い」など内容が吹っ飛んでいて面白いと話題になっています。

今回は、あゆのドラマが面白い理由を調査しました。

あゆ役の演技が下手すぎると話題!棒読み&口パクで賛否の声歌手の浜崎あゆみさんが赤裸々に語った自伝本「M 愛すべき人がいて」がドラマ化されました。 主演は、第2の浜崎あゆみとエイベックスか...
安斉かれんは浜崎あゆみに似てる?【画像】顔やデビュー曲で比較してみたエイベックスの新人歌手・安斉かれんさん。 浜崎あゆみさんの自伝本「M 愛すべき人がいて」がドラマ化されることが決まり、浜崎あゆみ役...

あゆのドラマが面白いと話題

浜崎あゆみさんの自伝本「M愛すべき人がいて」は、1話が放送されてから「棒演技が気になる」「古すぎる」など賛否を呼びました。

しかし一部視聴者からは「クセになる面白さ」という声が上がっています。

浜崎あゆみさんがデビューする前の時代背景や少し大げさな演出が視聴者の興味を沸かせています。

あゆのドラマが面白い理由

深夜に放送されているにもかかわらず視聴率は好調。

浜崎あゆみさんの注目度が高いことが分かりますね。

そんなあゆのドラマが面白いという理由をまとめました。

  • 役者のビジュアル
  • あゆ役の棒演技
  • 脚本家の演出

詳しく見ていきましょう。

役者のビジュアルが吹っ飛んでいる

あゆのドラマには、平成の音楽シーンに重要な人物が多数出演しています。

例えば小室哲哉さんやTRF・ELTが登場しています。

  • 小室哲哉→輝楽天明
  • 相川七瀬→冴木真希
  • サンミュージック→中谷プロ
  • TRF→USG
  • ELT→OTF

懐かしいタレントが名前を変えて出演しているので、演出が上手いと言われています。

TRFに関しては、アルファベットを1つずつズラすと、USGになると由来が明かされています。

また松浦社長の秘書役に田中みな実さんが出演しています。

眼帯をしている謎めいた美女を演じていますが、眼帯が「ミカンの皮」や「ひよ子」などに見えると言われています。

この眼帯はなぜしているのか気になりますよね・・

あゆ役の棒演技が意外とハマる

あゆ役を演じているのは、エイベックスの新人・安斉かれんさん。

2019年に華々しくデビューしたにもかかわらずイベントなどに姿を現さなかったので謎めいた存在でした。

ドラマ初出演で初々しさがある一方で棒演技が気になると放送当初から話題になりました。

そんなあゆ役の演技が棒演技で見てられないと言われましたが、見れば見るほどハマると言われています。

浜崎あゆみさんの特徴でもある鼻にが詰まったような声を見事に再現しているので、棒演技は演出ではないかとも言われています。

脚本が鈴木おさむで奪い愛を想起する

「M愛すべき人がいて」の脚本は、鈴木おさむさん。

森三中・大島美幸さんの夫で「奪い愛」シリーズなどドロ沼ドラマを得意とする脚本家です。

あゆのドラマも脚本は鈴木おさむさんなので、「奪い愛」を想起する演出が使われています。

とくにトレーナー役の水野美紀さんは、あゆのドラマでも話題になる演技をしています。

奪い愛にハマったファンを今回も上手くあゆのドラマに引き込んだ形になりました。

【あゆのドラマ】1話観るとハマるの声

あゆのドラマは最初こそ演技や演出に批判が上がりましたが、「奪い愛」シリーズのようなドロドロ人間ドラマがクセになると言われています。

1話みるともう一回観たくなる面白さがあゆのドラマにあります。

ふざけすぎるくらい吹っ飛んだ内容がクセになるのでしょう。

またあゆ役の安斉かれんさんの棒演技は気になりますが、逆に初々しさもあってクセになる理由かもしれません。