スポーツ選手

藤田菜七子が可愛い!経歴や出身・騎手の成績を調査!初の快挙連発

藤田菜七子さんは、JRA(日本中央競馬会)に所属し今可愛い騎手と話題です。

そんな藤田菜七子さん現在22歳でかっこいい走りを見せつつ、普段はあどけない可愛いギャップの持ち主です。

今回は、藤田菜七子さんの可愛い画像と騎手としての成績や経歴を調べました。

 

スポンサーリンク

 

藤田菜七子の可愛い画像まとめ

藤田菜七子さんの現在までの可愛い画像をみてみましょう。

騎手としてのかっこいい一面から可愛いギャップに守ってあげたくなりますね!

藤田菜七子の私服




デビュー後からの写真を集めましたが、ほとんど変わらず可愛らしい雰囲気です。

騎手の姿からは想像出来ない女性らしい服装ですね。

黒髪がよく似合っています。

藤田菜七子の騎手姿

馬に乗っている姿、本当にかっこいいですね。

柔らかい雰囲気を持ちつつ、勝負師として活躍する姿がなんとも素敵です。

藤田菜七子さんがきっかけで競馬を観る人が増えそうな予感がします。

 

スポンサーリンク

 

藤田菜七子の経歴


名前:藤田菜七子

生年月日:1997年8月9日生

出身:茨城県守谷市

身長:157㎝

血液型:A型

所属:JRA(日本中央競馬会)/ホリプロ

藤田菜七子さんはJRAの女性騎手は、16年ぶりという逸材。

実は競馬とは関係のない家庭で生まれ、小学6年生のときにテレビ中継で競馬を観たのがきっかけで、騎手になったそうです。

馬の可愛さに目覚めたのでしょう。

美浦トレーニングセンターの乗馬苑に通いつつ、幼少期は空手と剣道を習いどちらも有段者というスポーツも万能。

空手や剣道の他にピアノも習っており、才色兼備な一面もありました。

maron
maron
おっとりした雰囲気から想像できませんね!

守谷市立けやき台中学校を卒業したのち、競馬学校に入学している藤田菜七子さん。

卒業後に騎手免許を取得しており、2016年にJRAでは西原玲奈さん以来16年ぶりに女性騎手が誕生しました。

藤田菜七子さんの憧れの騎手は、ニュージーランドのリサ・オールプレスさんだそうです。

騎手となってすぐに芸能プロダクションであるホリプロと契約しています。

ルックスも可愛いので騎手としての顔の他にタレントとして話す姿も見てみたいですね。

藤田菜七子さんはももいろクローバーZの大ファンで振り付け付きで歌を披露したというエピソードもありました。

ぜひ聴きたいので調査を続けます。

藤田菜七子の成績

藤田菜七子さんは騎手デビューしてから3年。

どんな成績を収めているのでしょうか?

2016年3月 藤田菜七子デビュー

騎手デビュー後の2016年、藤田菜七子さんはJRAの新人騎手としては珍しくデビューがJRAの競馬場ではなく地方競馬の川崎競馬場で行われました。

なので、他のJRA新人騎手より早く実戦で騎乗をしています。

理由は、JRAでは久々の女性騎手で当時メディアも注目していたので話題性もあったからでしょう。

藤田菜七子さんのデビュー戦は、コンバットダイヤ(浦和)に騎乗し8着で終わりました。

デビュー戦は6鞍に騎乗し第5競走で騎乗したミスターナインワン(浦和)の2着が最高成績となり、そのほかの成績は掲示板に入っていました。

デビューからいきなり高成績で驚かれたでしょう。

その後着々と実践経験を積んで、藤田菜七子さんは浦和競馬第3競走でアスキーコードに騎乗し初勝利。

同日に2勝目を挙げ、1日2勝したJRA所属の女性騎手はいなかったので藤田菜七子さんは史上初の快挙を収めました。

デビューしてたった1年で高成績を収め続ける藤田菜七子さん。

その活躍は止まりません。

2017~2018年 年間最多記録更新

2017年10月21日に行われた新潟競馬第11競走でベルモントラハイナに騎乗し勝利を収め、JRA年間12勝目。

藤田菜七子さんは、JRA所属の女性騎手として年間最多勝利記録を更新しました。

その後も着々と勝利を収め、2017年は最終的に14勝あげ、2017年の中央競馬騎手年間ホープ賞を受賞しました。

デビューしてわずか2年で収めた成績とは思えないですね!

翌2018年にはなんと通算勝利数を35とし、JRA所属の女性騎手の最多勝利記録を更新しています。

藤田菜七子 2019年も記録を更新中

2019年には、フェブラリーステークスでJRA所属女性騎手として初めてGIに騎乗しました。

GIとは、競走体系上もっとも重要な根幹競走を意味し、藤田菜七子さんは現在までに2度GIに騎乗しています。

2019年10月2日に大井競馬場で行われた第53回東京盃競走でコパノキッキングに騎乗し、単勝1倍台の人気に応え4馬身差で勝利。

JRA所属の女性騎手として約16年ぶりに東京盃競走を制覇、ダートグレード競走では史上初の快挙となりました。

藤田菜七子さんは現在、新潟競馬場での騎乗全8鞍で4勝を挙げており、自身の持つ1日の最多勝利数を更新。

同時に新潟年間リーディングのトップに立っています。

今後も活躍が止まりそうもない藤田菜七子さん。

どんどん競馬界の常識を塗り替えてほしいですね!

 

スポンサーリンク