タレント

IKKOの自宅を初公開!間取りやインテリアを紹介【ぴったんこカンカン】

2020年2月14日に放送されたTBS系バラエティー番組「ぴったんこカンカン」で美容家のIKKOさんが最近引っ越したという自宅を大公開しました。

今回は、IKKOさんの自宅について紹介します。

IKKOの自宅:間取り

IKKOさんがぴったんこカンカンで公開した新居の間取りを見てみましょう。

新しい新居は、2LDKで230㎡。

リビングダイニングが30帖の広々とした間取りです。

分譲マンションだったものをご厚意で賃貸させて貰っているそうです。

家賃は、月130万。

マンションですが、2階建てなので一軒家のようですね!

IKKOの間取り:玄関


西洋の家具から中国の和を取り入れた家具を集めようと決めたそうで、重厚感漂う高級感溢れるインテリアでまとめられた玄関です。

今回から中国アンティークにこだわり出したというIKKOさん。

輪島塗の小物が50万に干支はバカラのものを置くなど6帖ほどの玄関に中国家具がびっしり置いてありました。

引き出しは100年くらい前のもので、全ての干支がしまってありました。

IKKOの間取り:30帖のリビングダイニング


オーダーメイドのシャンデリアやアンティークの食器棚・アメリカの高級家具など、IKKOさんのこだわりが詰まった家具でまとめられています。

IKKOさんはずっとペルシャ絨毯を集めていて、ペルシャ絨毯が部屋に馴染んでいますね。

部屋は、仕切りがなく開放感溢れた空間でした。

香水や家具など自分が好きなものを集めて詰め込んだこだわりの部屋。

IKKOの間取り:応接間(9帖)

中国と洋風の家具を混ぜたこだわりのお部屋。

IKKOさんが今回引っ越しを機に集め出した中国アンティークでまとめられたお部屋です。

応接間には、1,000万円を越えるペルシャ絨毯が敷かれていました。

見る角度によって色が変わり、これもIKKOさんのこだわり。

IKKOの間取り:寝室&美容部屋

美容家として活躍するIKKOさん。

寝室にもこだわりを詰めていました。

リネンは薄ピンクのものが好きで、寝室は薄ピンクでまとめているそうです。

寝室を抜けると、パウダールームがあります。

美容家として世界中の化粧品を日々研究し確認しているそうです。

バスルームもこだわりのバスソルトを並べていました。

高いバスソルトが並ぶ中、「バスロマンをビンに詰め替えている」と明かしていたので、庶民派な一面もありました。

IKKOの間取り:キッチン

家の中でとくにこだわっているのは、キッチンだというIKKOさん。

シンプルにまとめられたキッチンには、煮物を作り置いていたりしっかり食事している様子を明かしていました。

IKKOの間取り:吹き抜けの廊下

マンションではあり得ないような吹き抜けのある廊下。

マンションに吹き抜けがあるのも珍しいですよね。

IKKOの自宅はどこ?

IKKOさんが最近引っ越したという自宅は、どこにあるのでしょうか?

現在までに都内の超高級マンションという情報のみ出ています。

最近引っ越したというIKKOさんの新居は、港区や麻布十番など高級物件が多くある地域な可能性が高いです。

IKKOさんは2年に一度は引っ越しをするそうです。

これまでに3階建ての一軒家や45帖のリビングダイニングがあるマンションなど、超高級物件を転々としていました。

前回まで住んでいた自宅も300㎡の7LDKで、家賃は月300万という超高級物件に住んでいました。

IKKOのこだわりインテリア

IKKOさんは、こだわりのインテリアで部屋をまとめています。

明らか高い家具に囲まれた生活をするIKKOさんですが、常に審美眼を養っているそうです。

審美眼とは、美しいモノや質の高いモノを的確に見極める眼力のこと

審美眼は、仕入れをする際に必要なこと。

ホンモノに囲まれた生活をすることで審美眼を養っているのですね。

IKKOさんは美容家だけでなく実業家としても活動しているので、生活にも仕事に繋がることをしていました。