シンプル生活

鏡餅はいつから飾るの?飾る場所やお下げした鏡餅の食べ方を紹介

12月も終わりに近づくと、お正月の用意や準備を始める人も多くなります。

おせち料理やお雑煮・お年玉など、お正月は何かと楽しみが多いですよね!

お正月に当たり前のように飾る鏡餅、何気なく飾っていませんか?

今回はお正月に飾る鏡餅は、いつから飾るべきなのか・飾る場所や鏡餅の食べ方を調べてみました。

 

 

鏡餅はいつから飾るの?

鏡餅は、日本の伝統である餅を神仏に供える正月飾り。

鏡餅の名称は、昔の鏡の形に似ていることが由来します。

また三種の神器の一つ八咫鏡(やたのかがみ)を形取ったものとも言われています。

  • 橙(だいだい)・・・子孫が代々(だいだい)映えますように
  • 御幣(ごべい)・・・赤は魔よけ。繁栄を願う
  • 四方紅(しほうべに)・・・災いを払い繁栄を願う
  • 裏白(うらじろ)・・・長寿を願う

引用:日本鏡餅組合

鏡餅を飾り始める時期は、12月28日が最適とされています。

早い時期に飾っても問題はありませんが、「八」は末広がりで縁起の良い数字とされています。

12月31日に飾るのは「一夜飾り」と避けられていますし、12月29日は「九」が苦しむに繋がるので避けられています。

12月28日には鏡餅を飾りますが、いつ下げるのが適切なのでしょうか?

お正月にお供えした鏡餅は、鏡開きにお下げます。

鏡開きは毎年1月11日に行われるのが一般的です。

鏡餅はリビングなどの高いところに飾り、約2週間ほど飾ってお下げします。

お下げしたお餅を包丁で切るという行為は、切腹を連想させるので、手などで「割る」のが一般的です。

 

 

鏡餅の飾り方

鏡餅は、特に飾る場所は決まっていません

大切な場所に飾るのがオススメです。

鏡餅は、床の間や神棚以外に生活する上で大切な場所にお供えして1年の安泰を祈ります。

玄関やリビング・テレビの横・勉強机など自分が目につく場所に飾りましょう。

オススメの飾る場所

玄関・リビング・テレビの横・台所・勉強机の上・車

お下げした鏡餅はどうするの?

お下げした鏡餅は、かなりカチカチになっています。

なのでお雑煮やお汁粉にし、柔らかくして食べましょう。

また飾った鏡餅は、包丁で切らず手で割りましょう。

一度お湯や電子レンジでお餅を柔らかくしてから料理に使いましょう。

現在は、真空パックになっている鏡餅が売っているので手軽に鏡餅を飾ることができます。

真空パックになっているお餅は、1年ほど賞味期限も持つので非常食にも便利ですよ。

一番手軽に食べれるのは、磯辺焼きにする食べ方。

のりと醤油さえあればサクッと食べれて腹持ちもします。

また最近ではお汁粉の素が売っているので、お餅を使った料理も簡単に自宅で作れるようになりました。

今年はぜひ鏡餅を飾って1年の安泰を祈りましょう!