政治家

梶山弘志の経歴まとめ!父は梶山静六!家族構成や世間の声を調査

菅原一秀さんの後任として経済産業大臣に就任した梶山弘志さん。

梶山弘志さんのお父様は、自民党幹事長や法務大臣などを務めた梶山静六さん。

ゴリゴリの政治家一家の梶山弘志さんですが、どんな経歴があるのでしょうか?

新経済産業大臣に就任した梶山弘志さんを世間はどう見ているのか、まとめました。

 

 

梶山弘志の経歴


名前:梶山弘志(かじやま ひろし)

生年月日:1955年10月18日生

出身:茨城県常陸太田市

学歴:日本大学法学部卒

梶山弘志さんは日本大学法学部を卒業したのち、数年間動力炉核燃料開発事業団に入職後、父である梶山静六さんの秘書として政界に転向しました。

2000年父・梶山静六さんの他界を機に、選挙に出馬し初当選をしました。

2017年には第3次安倍第3次改造内閣で内閣府特命担当大臣に任命され、初入閣を果たしました。

菅義偉・官房長官の側近として知られ、主に国家公務員制度を担当する国務大臣の仕事をこなしましたが、近年は地方創生担当大臣として活躍していました。

 

 

梶山弘志の家族構成

梶山弘志さんは妻・由可子さんと子供3人の5人家族です。

子供3人は全員女の子なので、可愛くて仕方がないのではないでしょうか。

3人の娘さんについて調べてみましたが、一般人なのか情報がありませんでした。

梶山弘志さんは30歳で父・梶山静六さんの秘書を務めているので、娘さんの一人も秘書として支えているかもしれませんね。

梶山弘志さんの父親は梶山静六さんで2000年に他界していますが、母親の春江さんは今なおご健在なようです。

梶山弘志に対する世間の声

梶山弘志さんが新経済産業大臣に就任することが決まり、世間はどんな反応をしているのでしょうか?

辞表だけで済ましちゃうのか。後任は梶山弘志氏だそうで。まるで金太郎あめみたいで、切っても切っても同じ顔。

 

辞表提出した菅原経済産業相
の後任に自民党の梶山弘志
元地方創生担当大臣を起用する
方針を固めました。

・・・長続きするかなー?!

 

世間の声をみてみると、菅義偉官房長官の側近中の側近である梶山弘志さんを選出したことに「事前に決まっていたのでは?」と疑問視する声が多かったです。

長続きするか不安に思う人もいましたが、「誰がなってもなっても同じ」といった厳しい意見もありました。