お笑い

上沼恵美子M-1審査員の引退理由は年齢でなく持病?後任は誰?

去年のM-1グランプリ終了後、とろサーモン久保田さんとスーパーマラドーナ武智さんの暴言騒動。

暴言がきっかけとは言っていませんが上沼恵美子さんは、M-1審査員の引退を宣言しました。

今回は、上沼恵美子さんのM-1審査員引退の理由や後任を調査しました。

 

上沼恵美子のM-1審査員引退の理由

今一度、騒動を振り返りましょう。

前年覇者であるとろサーモン久保田かずのぶさんと、本戦7位だったスーパーマラドーナ武智正剛さんがM-1終了後に居酒屋で突如はじめたインスタライブ。

上沼恵美子(とは言ってないけど明らかに)の審査に対する批判を「オバハン」「更年期障害」と女性蔑視、年齢差別とも取れる言葉で繰り広げ、そこからの展開は酷いモノでした。

同席していた芸人数人は、写らないように伏せたりコメントをしなかったりしましたが、暴言を吐いた2人は止まる気配なく繰り広げました。

maron
maron
相当溜まっていた様子。

上沼恵美子さんといえば、若い世代には毒舌なおば様という印象ですが、お笑い界に多大な影響を与えた人物。

そんな上沼恵美子さんが後日、騒動についてコメントしました。

その内容を簡潔にまとめました。

  • 久保田と武智の発言について→詳しくは知りません。
  • 久保田と武智が謝罪した→そんなこと必要ない
  • 2人に対して激励の言葉

    私思うんです。
    お酒を飲んでくだをまくことなんてのはよくあること。
    だからね、天下取ったらいいんですよ。
    彼らがダウンタウンのようになったら何言おうが失言になりませんからね。
    頑張って、日本一の漫才師になってほしいと思います

  • M-1審査員引退について→毎年松本人志さんに誘われていたので、まだわかりません。

上沼恵美子さんは、とろサーモンもスーパーマラドーナもよく知らない可能性が高いです。

また上沼恵美子さん自身たくさん暴言も浴びてきたと思うので、特に何とも思わないのかもしれませんね。

上沼恵美子さんはM-1終了から数日後、自身のラジオで引退を示唆していました。

私みたいな、こんな年寄りがね、ポンっと座って偉そうにしている場合ではないんですよ。だからもう、私は引退します。いや、審査員やん。審査員は引退しますけど。むしろ(出場者として)出たいですね

突拍子もない発言にも思えますが、たしかに芸人の一生を左右する審査をご高齢でするのは精神的にも負担がありますよね。

また上沼恵美子さんは、2018年3月に自身の番組で“夫源病”と診断されたことを告白しています。

夫源病とは?

夫の存在がストレスになり、妻の心身に不調が現れるという状態のこと。

夫源病は、更年期障害の中年女性が不調になる原因の1つ。

病気になるきっかけは、夫の存在があるといわれています。

上沼恵美子さんの夫源病は、夫の定年と上沼恵美子さんのお母さんの死が重なった3年ほど前から、不調を訴えはじめたそうです。

フラフラすることも多く、周囲にも『しんどい……』と語っていたそうですよ。

2019年のM-1に審査員として登場しなかった場合は、夫源病が理由の可能性が高いですね。

 

【M-1審査員】上沼恵美子の後任は誰?

上沼恵美子さんがM-1審査員を引退した場合、誰が後任になるのでしょうか?

過去のM-1審査員をみて予想してみました。

  • 第1回(2001年)
    島田紳助・松本人志・春風亭小朝・鴻上尚史・ラサール石井・青島幸男・西川きよし
  • 第2回(2002年)
    島田紳助・松本人志・島田洋七・大竹まこと・中田カウス・ラサール石井・立川談志
  • 第3回(2003年)
    島田紳助・松本人志・南原清隆・ラサール石井・島田洋七・大竹まこと・中田カウス
  • 第4回(2004年)
    西川きよし・大竹まこと・南原清隆・島田洋七・ラサール石井・春風亭小朝・中田カウス
  • 第5回(2005年)
    島田紳助・松本人志・島田洋七・渡辺正行・ラサール石井・大竹まこと・中田カウス
  • 第6回(2006年)
    島田紳助・松本人志・島田洋七・南原清隆・大竹まこと・渡辺正行・中田カウス
  • 第7回(2007年)
    島田紳助・松本人志・オール巨人・上沼恵美子・中田カウス・ラサール石井・大竹まこと
  • 第8回(2008年)
    島田紳助・松本人志・渡辺正行・上沼恵美子・大竹まこと・オール巨人・中田カウス
  • 第9回(2009年)
    島田紳助・松本人志・東国原英夫・上沼恵美子・渡辺正行・オール巨人・中田カウス
  • 第10回(2010年)
    島田紳助・松本人志・大竹一樹・南原清隆・中田カウス・渡辺正行・宮迫博之
  • 第11回(2015年)
    増田英彦・礼二・岩尾望・吉田敬・富澤たけし・徳井義実・佐藤哲夫・石田明・哲夫
  • 第12回(2016年)
    上沼恵美子・博多大吉・松本人志・オール巨人・礼二
  • 第13回(2017年)
    オール巨人・上沼恵美子・礼二・松本人志・春風亭小朝・博多大吉・渡辺正行
  • 第14回(2018年)
    オール巨人・上沼恵美子・富沢たけし・立川志らく・ナイツ塙宣之・中川家礼二・松本人志

上沼恵美子さんは、2016年から3年間審査員を務めました。

大御所の男性が審査委員を務めており、2019年の審査員もオール巨人松本人志礼二は固いと思います。

注目は上沼恵美子さんの後任ですが、漫才で数々の実績を残し女性漫才師の第一人者と言われるレジェンド的な芸人さんが、後任にふさわしいでしょう。

上沼恵美子さんの後任には、ハイヒール・リンゴさんの名前が挙がっています。

ハイヒールのリンゴさんはダウンタウンの同期で知られ主に関西で活動しているハイヒール・リンゴさんは上沼恵美子さんの後任に一番適しています。

 

上沼恵美子のM-1審査員引退に対する反応は?

上沼恵美子さんがM-1審査を引退するかもしれないということに対して、世間はどうみているのでしょうか?

ド失礼なんだけど上沼恵美子さんM-1の事もあって偉そうなおばさん(いや偉いけど)って思ってたんだけどめっちゃ面白いしすごい優しさがあったごめんなさいって感じ🤭

 

上沼恵美子、今年もM-1審査員やってくれるかなあ。
居なくなると賞の格が1ランク落ちるよなあ。

多くの意見は、2019年も審査員をやってほしい!というものでした。

一部で芸人によって評価の差別があると言われていますが、的確なコメントに漫才師としての実力は誰もが認めるところです。

上沼恵美子さんがM-1の審査席に座っているだけでM-1の価値が高まるという意見もあります。

2019年のM-1も波乱の予想ですね!