グルメ

保土ヶ谷駅すぐ!カフェ「帷子珈琲」味や値段・お店の雰囲気を紹介

 

maron
maron
こんにちは、横浜在住の maron です。

 

保土ヶ谷駅は、横浜駅まで3分・東京駅まで36分・新宿まで40分と交通アクセスも良く、場所によったらランドマークタワーやみなとみらいの景色が一望できるので、知る人ぞ知る穴場な地域なのです。

 

今回は、保土ヶ谷で一番人気のコーヒー屋さん「帷子珈琲(かたびらコーヒー)」を紹介します。

 

スポンサーリンク

 

帷子珈琲の場所


横浜駅より横須賀線で3分で着く保土ヶ谷駅。

保土ヶ谷駅と言ったら保土ヶ谷公園の最寄り駅。

高校野球などの試合が保土ヶ谷公園で行われると混雑したり、お正月は箱根駅伝で有数の応援スポットでもあるので、利用したことがある人や聞いたことがある人も多いハズ‥

保土ヶ谷駅は目立った商業施設はありませんが、地元民だからこそ知っている本格的なコーヒーショップがあるのです。

横浜駅で9番線から発車する横須賀線に乗って揺られること3分‥

 

maron
maron
カップラーメンができちゃいますね。

 

アットホームな駅「保土ヶ谷駅」に到着します。

保土ヶ谷駅の周辺には中学校や高校があるので、朝夕は学生でにぎわいます。

そんな保土ヶ谷駅にある帷子珈琲は、帷子郵便局の近くにあり道路沿いにあるので、すぐわかります。

 

maron
maron
徒歩5分以内で小さな八百屋さんの隣です!

 

帷子珈琲のコンセプト

コンパクトめなお店なので店主さんと世間話するのも◎

もちろんゆっくり読書してもOKです。

 

いつ来てもほっとする空間づくりを心掛けている」というお店のコンセプト通り、ゆったりと時が流れるような、店主さんの話口調も落ち着きがあり言葉通りにホッとさせてくれました。

 

 

一見入りにくそうに思いますが、笑顔が素敵な爽やかな店主さんなので一度訪れたら虜になることまちがいなしです!

 

2013年から保土ヶ谷の土地でお店を営み、今なお愛される理由がわかります。

 

スポンサーリンク

 

帷子珈琲の店内

お店の雰囲気

帷子珈琲は自家焙煎のコーヒー屋さんです。

お店に大きな焙煎する機械があって、お店のインテリア的な雰囲気もありました。

飾り方や部分を切り抜いても写真映えする店内でした。

 

そんなお店で飲めるコーヒーは、カフェラテやカフェモカなどの種類はなく、ブラックコーヒーでアイスかホットのみ。

 

maron
maron
店主さんのこだわりがわかります。

 

実は私はブラックコーヒーが苦手なので、「ないのかー!!!」と困ったのですが、なんと飲みやすい苦味の少ないコーヒーを淹れてくださいました。

 

帷子珈琲の味

苦味が少なくブラックでも飲みやすかったです。

 

ブラックが苦手な方は店主さんに相談してみるのも◎
※必ずしもご対応いただけるとは限りません。

 

通常のアイスコーヒー

 

普通のコーヒーに比べて苦味の少ないほうは、色が薄く見えます。

 

しかし、一口飲んでみるとしっかりコクのある味わいで「ブラックでもこんなに美味しいのか!!」と感動しました。

 

コーヒーに添えてくれたチョコレートと一緒に食べると、お店のコンセプト通り「ホッと」できました。

 

maron
maron
ホワイトチョコが合ってサイコーでした!

 

コーヒー豆の種類も豊富なので、気分や自分の好みにあったコーヒーを提供してくれると思います。

そのほかにも、ご家庭でコーヒーが飲めるようにコーヒー豆も販売しているのでぜひチェックしてみてください。

 


※販売はお店のほかにオンラインストアでもございます。詳しくはコチラ

 

帷子珈琲の値段

帷子珈琲は店内で飲む場合は、300~400円です。
※頼むコーヒーによって値段は異なります

ホイップが乗っていたりデコレーションのコーヒーとは違って、本格的なコーヒーショップですが、親近感があって店内に入りやすい雰囲気があります。

 

通常のコーヒー店に比べると店内はコンパクトなので、勉強や作業は向きません。

店主さんとゆったり時が流れるのを楽しめる人にオススメなお店です。

日頃から仕事や家事育児などに追われて気が休まない人が一旦リセットの意味も込めて、帷子珈琲でリフレッシュするのも良いですね。

実際、私がいるときもご年配の方が店主さんと楽しそうに会話しており、後から来た方とも楽しく会話していました。

本当にアットホームな雰囲気だなと感じました。

最近はゴチャゴチャしたカフェに行くことが多かったので、こういった「本当のコーヒーを楽しむ」というのも良いなと思いました。

なにより驚きなのは、一杯300~400円で本格的なコーヒーが飲めるのは嬉しいですね。

 

さいごに

今回は穴場カフェ「帷子珈琲」をご紹介しました。

知る人ぞ知る本格的なカフェです。

横浜で本格的なコーヒーを飲める場所は多々ありますが、ここまでアットホームな場所はないです。

店主さんの爽やかな笑顔とお話しで日常の疲れを癒してください。

 

maron
maron
保土ヶ谷まで来てよかった~と必ず思えるカフェですよ!

店舗情報
店名:帷子珈琲(katabira-coffee)
住所:横浜市保土ヶ谷区帷子町2-92
営業時間:11:30~19:00
定休日:水曜日・第一木曜日
駐車場:なし
Wi-Fi:なし
電源:なし
お店のHPはコチラ

スポンサーリンク