バラエティ

豆柴の大群はWACK所属でクロちゃんはプロデューサーに復帰か?

水曜日のダウンタウン内で放送されている大人気企画「モンスターアイドル」がついにデビューしました。

クロちゃんの一番のお気に入りだったカエデさんが最後の最後で落選しその後復活当選するなど、5人が晴れて「豆柴の大群」としてデビューしました。

【モンスターアイドル】カエデの本名は谷垣楓!過去の経歴が凄い!水曜日のダウンタウンで放送されているクロちゃんプロデュースの「モンスターアイドル」 最初からクロちゃんに狙われていたアイドル候補生...

プロデューサーであったクロちゃんは豆柴の大群のプロデューサーを解任されてたあとも、密かにプロデューサー復帰を狙っているのでは?と話題になっています。

今回は、豆柴の大群の今後について調査しました。

豆柴の大群のプロデューサーを解任!

豆柴の大群のデビューシングル「りスタート」が2019年12月19日から全国のタワーレコードで発売されました。

在庫には限りがあり既に品薄な店舗が出ているという情報もあるほど、大反響。

大変申し訳ございません、、、
シングル『りスタート』3形態すべて品切れております、、、

maron
maron
WACKのアイドルだけに反響は大きいですね!

そんな豆柴の大群のデビューシングル「りスタート」は、ジャケットが3パターンあり売れ行き次第でプロデューサーであるクロちゃんが解任される特典が盛り上がりました。

ジャケット画像はコチラ

「続行」・「解任」・「解任&罰」の3パターンで、1週間の売れ行きをみて一番売れたジャケットによってクロちゃんの処遇が決まるということで、ファンを中心に盛り上がりました。

視聴者が豆柴の大群を応援できるしクロちゃんに対する今までのモヤモヤを晴らせるということで、早速購入している声が多くありました。

結果は、「解任&罰」が一番売れてクロちゃんは罰を受けることに。

そして、クロちゃんのお気に入りでありながら最後の最後に落選させたカエデさんを復活当選させるなど、水ダウのエンディングとしては最高の終わり方をしました。

その後豆柴の大群は、順調にイベントに参加し活動を進めています。

2020年には、2ndシングルの発売も決定し今WACKの中で一番勢いのあるアイドルグループに成長しました。

豆柴の大群の所属はWACK

モンスターアイドルはWACKのプロデューサーである渡辺淳之介さんが度々クロちゃんのサポートに登場していました。

そして豆柴の大群はダンスの振り付けをアイナ・ジ・エンド(BiSH)さんがしているということで、WACK色が強いグループです。

そんな豆柴の大群の所属事務所はもちろんWACKなので、プロデューサーはクロちゃんから渡辺淳之介さんになりました。

【豆柴の大群】プロデューサーに復活か?


豆柴の大群は、大人気アイドルグループWACK所属ということで正直クロちゃんがいなくても活動には困りません。

しかしクロちゃんは豆柴の大群のプロデューサーを解任されたことに納得していませんでした。

  • クロちゃんが作ったアイドルグループ
  • 一応アイドルを本気で作っていた
  • 豆柴の大群は自分がいないとダメだと思い込んでいる

2020年2月12日に放送される「水曜日のダウンタウン」内で新しい展開があるようなので、もしかしたらプロデューサーに復帰するかもしれませんね。

クロちゃんの復帰に関する匂わせについてネットでは、どのような反応があるのでしょうか?

豆柴の大群は、水曜日のダウンタウンで結成されたアイドルグループです。

まだまだ知名度は低く、最近では人気が上がっていないといった声まで出てきています。

そんな中で2ndシングルを発売させるということで、このタイミングでクロちゃんがプロデューサー復帰は十分考えられます。

今後の展開に注目しましょう。