俳優・女優

松本まりかの子役時代が可愛い!画像で若い頃と現在を比較してみた!

様々なドラマで怪演を披露し、話題となっている女優の松本まりかさん。

年齢を感じないあざとい可愛さがある松本まりかさんですが、なかなか売れなかった苦労人。

maron
maron
こんなに可愛いのに売れなかったとは信じられません。

今回は、松本まりかさんの子役時代から現在まで調べてみました。

とにかく子役時代から可愛かったので、早速みていきましょう。

松本まりかの若い頃

松本まりかさんは、2000年にNHKドラマ「六番目の小夜子」で女優デビューしました。

当時は15歳で、その後ファッション雑誌「ピチレモン」のレギュラーモデルとして活動していました。

松本まりかの子役時代(10代)

松本まりかさんのデビュー作「六番目の小夜子」に出演した際の画像です。

セーラー服がとっても似合っていて可愛いですね!

現在もチャームポイントの「えくぼ」が子役時代から映えます。

10代最後の松本まりかさんは、少し眉毛が細くなった印象です。

この時期はバブルの名残で眉毛を細くしたり目を囲んだりしたメイクが流行りましたね。

今の松本まりかさんより気が強く見えます。

20代の松本まりか

20代の松本まりかさんですが、「ゲゲゲの女房」や「ホタルノヒカリ」・「タイガー&ドラゴン」など大ヒットドラマに多数出演するものの、そこまで注目されませんでした。

再放送をみたファンから「松本まりか出てたんだ!」と驚きの声があがるほど‥

20代はナレーションの仕事や声優業などで声の演技を磨いていたそうで、主役として脚光を浴びなくても努力し続けたからこそ、今の松本まりかさんがあるのでしょう。

30代の松本まりか

30代になって芸歴18年を迎えた2018年に放送された「ホリデイラブ」で一気にブレイクしました。

甘い声と大きな目の演技は、恐怖すら感じる演技でしたね。

過去に映画「ノロイ」や「輪廻」などのホラー映画に出演していた松本まりかさん。

下積み時代に様々な作品に出演することで、演技力を磨き役の幅を増やした結果、現在の怪演に繋がっているのでしょう。

二人旅にも行くという大親友の石原さとみさんも「まりかといると成長できる」と話すほど、松本まりかさんは経験豊富。

その経験が現在の人を惹きつける演技に繋がっているのですね!

松本まりか若い頃と比較

松本まりかさんは16歳で芸能界デビューしていますが、デビュー時から今と変わらない可愛いさがありますね!

デビュー当時の画像と現在を比較してみました。

時代もありますが、眉毛が平らになり少しアゴがほっそりした印象です。

元々目が大きいので眉毛を平らにするだけで柔らかい雰囲気になりますね。

10代から見ても変わらない童顔さが、松本まりかさんの魅力です。

30代になり露出が多くなったと明かしていますが、日頃から鍛えているようで女性も憧れるスタイルです。

松本まりかのプロフィール

名前:松本まりか(まつもとまりか)
生年月日:1984年9月12日生
出身地:東京都
身長:160㎝
血液型:B型
事務所:A-team

松本まりかさんは、2018年に放送されたドラマ「ホリデイラブ」で演じた井筒里奈役のあざとかわいいキャラが注目され、大ブレイクしました。

松本まりかさんの怪演は、表情と声。

とにかく大きな目で迫力の演技だけでなく、甘い声が怖さを引き立てています。

実はあまり知られていませんが松本まりかさんは、人気ゲーム『ファイナルファンタジーX』のリュック役や、シリーズ化され劇場版も公開された人気アニメ『蒼穹のファフナー』の遠見真矢役など、声優として参加する作品が数多くあります。

下積み時代は長かったですが、その間舞台や声優の仕事で演技力と声を磨いた松本まりかさん。

現在は、喜怒哀楽の演技が特に上手と評価される女優になっています。

そんな松本まりかさんがデビューしたのは2000年なので、ブレイクした時はすでに芸歴18年

遅咲きでブレイクした松本まりかさんですが、子役時代からあざとく可愛さがありました。