アナウンサー

増田和也アナが鷲見玲奈アナと不倫で左遷!時系列で報道をまとめました!

超人気アナウンサーの鷲見玲奈アナに社内不倫疑惑が浮上しました。

不倫相手は、同じテレビ東京に在籍している増田和也アナ。

二人とも局を代表するアナウンサーなので、不倫報道が出ること自体今後のイメージダウンは避けられないでしょう。

そんな増田和也アナと鷲見玲奈アナの不倫報道について調査しました。

増田和也アナの不倫相手は鷲見玲奈アナ

  • 名前:増田和也(ますだかずや)
  • 生年月日:1982年1月3日生(現、37歳)
  • 出身地:群馬県
  • 血液型:B型
  • 学歴:新潟大学理学部卒業

増田和也アナは2004年にテレビ東京に入社し、キャリアは15年のベテランアナウンサーです。

2012年にNHKアナウンサーの廣瀬智美アナと結婚し、2015年に第一子(男の子)が誕生しています。

そんな増田和也アナが2019年11月12日付けでアナウンス部から営業推進部に異動していました。

異動した理由は、社内不倫疑惑が報じられたためと言われています。

不倫相手は、テレビ東京の鷲見玲奈アナ。

 

  • 名前:鷲見玲奈(すみれいな)
  • 生年月日:1990年5月12日生
  • 出身地:岐阜県
  • 身長:161㎝
  • 血液型:B型
  • 学歴:首都大学東京都市教養学部卒業

鷲見玲奈アナは、2013年にテレビ東京に入社しニュース番組や競馬番組のアシスタントをしていました。

2019年12月18日放送の「追跡LIVE!SPORTSウォッチャー」などのレギュラー番組を欠席しており、不倫疑惑を否定しているものの増田和也アナの異動や鷲見玲奈アナの収録欠席が不倫騒動を加速化させています。

増田和也アナと鷲見玲奈アナの不倫報道

増田和也アナと鷲見玲奈アナの不倫疑惑を報じた「文春オンライン」によると、テレビ東京の社員が不倫の証言をしました。

  • 2019年夏頃に局側に通報
  • 鷲見アナと先輩の増田アナが不倫関係にあった
  • 鷲見玲奈アナには恋人がいた
  • アナウンス部に聴き取り調査が入った
  • 二人を事情聴取し指導を行った

不倫の内容が赤裸々に報じられていました。

2017年、増田と鷲見は後輩の男性と女性アナ2人など数人で都内のカラオケBOX店に出掛けた。そこで増田と鷲見は、イチャイチャしはじめ徐々にエスカレートし一線を越えたところを同席した社員に目撃された。証拠の動画もある

増田和也アナの不倫報道 時系列

今回の増田和也アナと鷲見玲奈アナの不倫報道を時系列でまとめました。

  • 2019年夏ごろ
    「増田アナと鷲見アナが不倫関係にあった」とテレ東に通報
  • 2019年秋ごろ
    テレ東上層部が2人に事情聴取を行う
  • 2019年11月12日
    増田和也アナが営業推進部に異動
  • 2019年12月16日
    実話ナックルズが報じる
  • 2019年12月18日
    鷲見玲奈アナ レギュラー番組欠席
  • 2019年12月21日
    鷲見玲奈アナ レギュラー番組欠席
  • 2019年12月22日
    文春オンラインで報道
  • 2019年12月24日
    東スポで報道
    鷲見玲奈アナ レギュラー番組欠席
    鷲見玲奈アナ日経電車版のナビゲーターを降板

増田和也アナの不倫がバレた原因は?

2017年に不倫関係にあった増田和也アナと鷲見玲奈アナ。

今更なぜ不倫がバレたのでしょうか?

2019年夏ごろにテレビ東京にタレコミがあり発覚しました。

2017年に不倫関係にあった二人ですが、報道によると、2019年10月26日に鷲見玲奈アナが自身のSNSに「iPhoneが乗っ取られた」と投稿していました。

2人は不倫関係を完全に否定しているが、スマホメッセージアプリでオフホワイトなやりとりが出てきて、それを社内調査で突き付けられた鷲見アナはやり取りは自分のものと認めつつ、「何者かに乗っ取られて送信された」と主張したそうです

今回の不倫疑惑と関係があるかどうかは不明ですが、不倫の証拠動画も実在するということで逃げ切れそうになさそうです。

鷲見玲奈アナは、もともとアナウンサー職にこだわりがなく、「どう可愛く見られるか」しか考えていないという報道もされていました。

イメージが大切な職業だけに今後のテレ東の対応に注目ですね!

鷲見玲奈が騒動を否定

2020年4月9日に自身のSNSに不倫報道に関して否定するコメントを掲載した鷲見玲奈アナ。

内容によると、2019年末に報じられた不倫騒動は事実無根でフリーアナウンサーになったら真っ先に否定したかったと明かしました。

今更という感じですが、フリーとして活動するのに不利だったのでしょう。