政治家

松井一郎の実家は文房具店と電気設備会社を経営!政界と親密?

大阪維新の会代表で大阪市長の松井一郎さん。

度々政界を引退を示唆する松井一郎さんですが、実家である電気設備会社が大阪府のイベントなどの仕事を請け負っているのでは?と言われています。

また松井一郎さんの実家を調べてみると、文房具店も経営していることがわかりました。

今回は、松井一郎さんの実家について調べてみました。

松井一郎の実家は電気設備会社

松井一郎の実家は電気設備会社を経営
  • 名前:松井一郎(まついいちろう)
  • 生年月日:1964年1月31日生まれ
  • 出身地:大阪府八尾市
  • 学歴
    大阪工業大学高等学校を退学後、
    福岡工業大学附属高等学校に編入。
    福岡工業大学工学部電気工学科卒業

松井一郎さんは政界に進出する前、関西電力グループのきんでんに勤務していました。

きんでんの職員として勤務したのち、2010年まで電気設備会社の社長を務めています。

電気設備会社というのが、株式会社大通

現在は、松井一郎さんの実弟である松井宏之さんが代表取締役社長を務めています。

株式会社大通の取引先をみると、競艇関係の電気設備工事・メンテナンスを多く請け負っていることがわかりました。

詳しく調べてみると、松井一郎さんの父である松井良夫さんが笹川良一さんと親交が深かったようです。

笹川良一氏の顔画像笹川良一氏の顔画像

笹川良一さんという方は、福岡工業大学の理事長でもありモーターボート競走法の成立に尽力したことで知られています。

松井一郎さん自身、大阪工業大学高等学校を不祥事がきっかけで退学したのち、福岡工業大学附属高等学校に編入。

この編入も笹川良一さんが関わっているのでしょう。

松井一郎さんの実家である電飾屋は、元々政界と深く関係していたのかもしれませんね。

松井一郎の実家・電気設備会社は政界と親密?

松井一郎さんの実家である株式会社大通はどんな仕事をしているのでしょうか?

  • 社名:株式会社大通(かぶしきがいしゃだいとぅう)
  • 社長:松井宏之(マツイ ヒロユキ)
  • 設立:昭和46年10月
  • 資本金:10,000,000円
  • 従業員数:28人
  • 主要取引先
    住之江興業株式会社
    日本トーター株式会社
    NECネッツエスアイ株式会社

株式会社大通の主な仕事は、ボートレース場や競馬場・住之江競艇の照明や電気設備関係の工事・メンテナンスを請け負っています。

松井一郎さんが日本維新の会の幹事長になった2012年ごろから、大阪市内の映像設備改修工事や照明設備LED化工事(イルミネーション)・TVデジタル化に伴う電気工事など、かなり大きな仕事をしています。

もちろん群馬県や埼玉県・東京都など大阪府以外でも仕事を請け負っているようですが、ネットではズブズブ関係に様々な声が上がっています。

松井一郎の実家は文房具店も経営

松井一郎の実家は文房具店も経営松井一郎さんの実家について調べていると、文房具店に関する記述を見つけました。

  • 名称:松井商店
  • 住所
    〒581-0081
    大阪府八尾市南本町4-6-37
  • 最寄り駅:近鉄八尾駅

この場所は、松井一郎さんの事務所があった場所です。

現在もストリートビューで看板が掲げてあるのを確認できました。

松井商店は、松井一郎さんの母親が経営していた文房具店なようです。

住宅街にあり近くには学校もあるので、かなり重宝されたでしょう。

松井一郎の実家は文房具店も経営ほかにも、吉村大阪府知事のグッズを作った会社である「ダイワトーイ」が大阪市八尾市にあることから、「松井一郎さんと関係がある」とも言われています。

ダイワトーイは、大和玩具株式会社が廃業後おもちゃを作る会社として誕生しました。

松井一郎さんの出身地である八尾市で、吉村知事のグッズが作られるといっただけで関係を疑われている状況。

ただ、松井一郎さん自身が実家の電気設備会社を利用しているので、疑われても仕方がないかもしれませんね。

松井一郎の政界引退後は?

松井一郎の政界引退後は?松井一郎さんは、2020年9月24日に大阪都構想が否決されれば政界引退するといった発言をしました。

以前からなにかある度に引退を匂わせてきた松井一郎さんですが、否決された場合は2023年4月をもって政界を引退することになります。

この引退発言は票集めのアピールと言われていますが、政界を引退したあとはどんな活動をするのでしょうか?

  • タレント活動
  • 家業を継ぐ

松井一郎さんから政界引退後の発言はありませんが、可能性としては、橋下徹さんのようにタレント活動をする・家業を継ぐといったところでしょうか。

家業である株式会社大通は、電気設備の設置やメンテナンスを手広くしているので、仕事には困らないはず。

兄弟で会社をさらに大きくするのかもしれませんね。
※今後発言等があり次第、更新します。