ドラマ

MIU404の第4話で菅田将暉が登場?今後の伏線なのか検証!

2020年7月17日に放送されたTBS系ドラマMIU404の第4話。

第4話のストーリーは、一億円所持の女・青池透子(ミムラ)が出演した回ですが、実は謎の男役で出演している菅田将暉さんがいたのでは?という情報を見つけました。

今後のストーリーに大きく関わっている菅田将暉さんが、どこで登場したのでしょうか?

今回は、MIU404の第4話で菅田将暉さんが登場したシーンを紹介するとともに、根拠も合わせて調査しました。

MIU404の第4話に菅田将暉らしき人物

謎の男役(久住)で出演している菅田将暉さんですが、MIU404の最終回までに大きく関わっている人物ということで、第3話で初出演しました。

第3話のラストシーンで、バシリカ高校3年生の成川岳(鈴鹿央士)に接近したところで終わり、視聴者の考察が回を追うごとに増しています。

そんな菅田将暉さんが第4話で写っていたと思われるシーンがコチラです。

MIU404の第4話に菅田将暉?第4話の被害者・青池透子(ミムラ)の行方を追っている際に、2年前の裏カジノ事件に関与していたことが分かったシーン。

青池透子はカジノでできた借金を返済すべくカジノ店で働いていたのですが、そのカジノ店で働くボーイが、菅田将暉さんに似ていると言われています。

第4話のボーイは菅田将暉か検証

裏カジノ事件の回想シーンでカメラの前を横切った人物は、菅田将暉さん演じる謎の男なのでしょうか?

謎の男・菅田将暉さんが初出演した第3話と第4話から検証してみました。

第3話で学生が発したセリフ

菅田将暉さん演じる謎の男・久住は、第3話で電撃的に出演を果たしました。

その第3話のストーリーは、イタズラ通報の話。

犯人はバシリカ高校の学生で、廃部になった元陸上部員でした。

学生がイタズラ通報した理由は、先輩のせいで所属していた陸上部が廃部になり、大会に出場できなくなったから。

廃部にまでなった原因は、バシリカ高校の陸上部の先輩たちがドーナツEPという薬を学校内で売っていた事実が発覚しました。

バシリカ高校の陸上部が廃部になったのは、1年前の12月。

それより前なので、2年以上前の代が売っていたことになりますね。

裏カジノ事件が起きた時期

裏カジノ事件が起きたのは、2年前。

ドーナツEPが出回っていたのは2年以内で六本木界隈とあり、裏カジノで入手していたのでしょうか?

ちょうどバシリカ高校の生徒が売りさばいていた時期と一致します。

MIU404の第4話に菅田将暉で確定?

  • バシリカ高校の陸上部が廃部になったのは、1年前の12月
  • トローチのようなものを売りさばいていたという情報が2年前以上から
  • 裏カジノ事件が起きたのは2年前
  • 謎の男が出入りしていたとすれば、カジノ店で入手していた?

第3話で発覚したドーナツEPの売人と第4話の裏カジノ事件の回想シーンを総括すると、謎の男・久住を演じる菅田将暉さんである可能性が高いですね。

最終回に向けてMIU404の大切なカギを握る菅田将暉さん。

第6話では志摩の過去が暴かれるので、徐々に最終回に向けて盛り上がってきましたね!
MIU404の展開に今後も目が離せません。