シンプル生活

年末年始の休みはいつから?渋滞・交通機関の混雑日を予測してみた!

12月に入ると年末年始の帰省準備を始めると思いますが、「なるべく人混みを避けたい」という人も多いハズ。

maron
maron
帰るだけで疲れちゃうのは勿体ない!

毎年やってくる年末年始の帰省ラッシュを、少しでも避けられるように高速道路の渋滞交通機関の混雑日を予測してみました。

 

 

年末年始の休みはいつから?

カレンダーによると、2019年の年末年始の休みは、12月28日(土)から1月5日(日)が一般的でしょう。

1月2・3日が平日なので「仕事だ…」という人もいるかもしれませんが、おおよその企業が元日から3日間は休むと思われます。

1月には3連休があるので、1月6日(月)から仕事を開始する人が多くなりそうです。

年末年始の休み 渋滞ピークはいつ?

年末年始の帰省に車を利用する人も多くなると思いますが、上り・下りの渋滞ピークはいつでしょうか?

帰省ラッシュは、12月28日(土)・1月4日(土)の午後がピークと予想されます。

例年の様子から考えると、初日に帰省する人が多くなる傾向があります。

今年も例年通りであれば12月28日(土)に一気に帰省を始めることが予測されます。

朝から混雑するでしょう。

混雑を見越して12月27日(金)の午後から帰省を始める人もいるかもしれませんが、車に関してはラッシュから間逃れる可能性があります。

午後休取れる人は、取ってもいいかもしれません。

年末年始の休み 交通機関の混雑は?

新幹線やバスなど交通機関で帰省する人も増えていくと思いますが、できれば人混みを避けたいですよね。

帰省ラッシュは12月28日(土)・1月4日(土)が予想されます。

新幹線やバスは仕事帰りでも乗ろうと思えば乗れるので、12月27日(金)から徐々に帰省する人も出てきます。

一刻も早く帰りたい人は、早めにチケットを確保しておくのがオススメです。

また1月6日(月)から仕事を始める人が多いと仮定すると、5日(日)はゆっくり自宅にいたいという人も多いと思いますので、4日(土)の午後から増える見込みです。