政治家

新原浩朗の経歴が凄い!経済省の実績や年収・結婚歴を調査!

2019年11月4日に再婚を発表した女優菊池桃子さん。

連日、女優の菊池桃子さんの再婚報道で賑わっていますが、再婚相手である新原浩朗さんとはどんな人なのでしょうか?

今回は、新原浩朗さんの経歴や年収を調べてみました。

結婚歴について驚きの事実が分かったので、早速みていきましょう。

 

 

新原浩朗(菊池桃子の再婚相手)の経歴

菊池桃子さんの再婚相手、新原浩朗さんの経歴をみてみましょう。

  • 名前:新原浩朗(にいはら ひろあき)
  • 生年月日:調査中
  • 年齢:60歳
  • 出身地:福岡県
  • 学歴:東京大学経済学部卒業

菊池桃子さんとの出会いは、「一億総活躍国民会議」で知り合ったそうです。

新原浩朗さんは非常に優しそうで穏やかな面影ですが、仕事でのあだ名は「将軍」と呼ばれているんです!

1984年に東京大学経済学部を卒業後、通商産業省に入省し産業政策に多く携わりました。

1992年米国ミシガン大学大学院経済学博士課程留学をしています。

菅直人元首相の主将秘書官を務め、現在は内閣府制作統括官として活躍しています。

新原浩朗さんは2016年から経済財政諮問会議の運営を担当しており、安倍晋三総理の側近・今井尚哉首相秘書官とともに「働き方改革」や「幼児教育無性化」などの政策に尽力してきました。

新原浩朗さんは「安倍総理に最も近い官僚」とも知られ、次期・事務次官候補と言われるエリート中のエリートなのです。

新原浩朗の経歴まとめ

  • 1984年 東京大学経済学部卒業 通商産業省入省
  • 1992年 米国ミシガン大学大学院経済学博士課程へ留学
  • 2007年 経済産業政策局 産業組織課長に就任
  • 2010年 菅直人元首相の首相秘書官
  • 2011年 資源エネルギー庁 省エネルギー・新エネルギー部長
  • 2016年 内閣府政策統括官(経済財政運営担当)

 

新原浩朗(菊池桃子の再婚相手)の年収は?

新原浩朗さんの年収を想定してみましょう。

現在、新原浩朗さんは経済産業省局長を務めつつ、早稲田大学で客員教授としても働いているそうです。

客員教授は、特定の分野で活躍する有名人を大学に呼ぶ場合に非常勤講師では失礼なので客員教授としています。

早稲田大学の教授の年収は1200万円程度ですが、新原浩朗さんは客員教授なのでここまで貰っていないでしょう。

  • 経済相局長の年収:1500~2000万円程度
  • 早稲田大学客員教授の年収:1000万円程度

上記からみると、2500万~3000万円と予想できます。

そのほか、新原浩朗さんは多くの本を出版されているので、印税の収入もプラスされるので5000万を越えるでしょう。

新原浩朗(菊池桃子の再婚相手)に結婚歴はあるの?

女優の菊池桃子さんが再婚した新原浩朗さんは、現在60歳。

結婚歴を調べてみたところ、なんと初婚でした!

60代で初婚は性格などに問題があるのでは?と思ってしまいますが、これまで仕事に熱中してきたのかもしれませんね。