2019秋ドラマ

【俺の話は長い】岸辺家の間取りは?4LDKで2階建てのレトロな家

日テレ系ドラマ「俺の話は長い」の生田斗真さんが安定の演技力とヘリクツがウザイと話題。

そんな生田斗真さん演じる岸辺満が住む家の間取りを調べてみました。

生田斗真主演【俺の話は長い】キャストやあらすじ・最終回を予測!2019年秋ドラマの日テレ系土曜10時は「俺の話は長い」に決まりました。 初回放送日は、2019年10月12日(土)です! ...

 

 

俺の話は長い あらすじ

岸辺満は、親のスネをかじり生活するニート男。

なにかとヘリクツで誤魔化してきたけど自分のダメさから目を逸らしたいだけ…

そんな岸辺満が姉夫婦がマイホームの建て替え期間中だけ同居することになり岸辺満の平凡な日々が変わり始めるという話です。

ホームコメディーというだけあって舞台を見ているような気分になります。

また会話がポンポンと進むので、ドラマに入りやすいのが特徴です。

また通常1時間のドラマですが、30分ずつに分けて2本立てにすることで、集中力も持ちやすい工夫がされています。

 

 

岸辺家の間取りは?

岸辺家の間取りを見てみましょう。

岸辺家の間取りは、2階建ての4LDKです。

昔ながらの造りになっていますが、家族5人が住むには十分な間取りになっています。

【1階】

【2階】

※部屋の広さは、架空になります。随時更新します。

軽食喫茶ポラリス

喫茶店は昔ながらのレトロな雰囲気で、こじんまりとしています。

喫茶店と家の台所が繋がっている間取りでした。

カウンター席に常連が座り好き勝手話しています。

原田美枝子さん演じる岸辺房枝がほんわかしていていい味出ているんですよね。

玄関

濃いオレンジ色の外観がレトロで可愛いですね。

玄関を入ると下駄箱付きのシンプルなデザインになっています。

居間

玄関を入ると長い廊下があって台所と居間があります。

6畳ほどの昔ながらの間取りになっています。

畳みの部屋で大きめのちゃぶ台で家族囲んで食事するのがいいですね!

居間を抜けると、3帖ほどの部屋が二つありました。

食後にくつろいだり、来客の寝室としても利用できそうです。

岸辺満の部屋

ベッドとパソコン・ある程度の本がある意外とスッキリした間取りになっています。

ニートでヘリクツがウザイように感じますが、言っていることは間違っていません。

元々賢いように思えます。

秋葉春海(清原果耶)の部屋

次回更新します。

岸辺家の家はどこ?

岸辺家の家は、日テレが所有している生田スタジオで撮影していました。

場所はコチラになります。


住所:〒214-0006
神奈川県川崎市多摩区菅仙谷3-20-1

他に、もみ消して冬や月曜から夜ふかしなど人気番組が収録されています。

俺の話は長いの間取りまとめ

俺の話は長いは、ホームコメディーなので基本的に家の中が舞台になります。

現在放送されている段階で分かる範囲で作成しています。

今後も部屋の間取りが判明次第、更新していきます。