お笑い

ライス(芸人)が消えた理由は?売れない理由は面白くないから?

2016年のキングオブコントで優勝した芸人・ライス。

優勝したにもかかわらずテレビ出演が少なく、史上最速で消えたコンビと話題になりました。

そんなライスはなぜ消えてしまったのでしょうか?

ライス(芸人)KOCで優勝【2016】

ライスは吉本興業に所属するお笑いコンビで、高校時代の同級生な2人。

クラスの人気者だった関町さんと人見知りで友達が少なかった田所さんという真逆な性格でしたが、徐々に仲良くなったそうです。

高校卒業後は「ピンクホール」というコンビを組みましたが、学業を理由に一時断念。

しかし芸人が諦めきれず、大学在学中にライスを結成後、吉本興業のNSCに入学しました。

同期はハリセンボンやしずるなどがいて、NSC講師陣からも「ネタが完成されていて、売れると思った」と言わせるほどでした。

2016年にキングオブコントで優勝したものの、テレビへの露出が少なく史上最速で消えた芸人と言われるようになりました。

ライス(芸人)が消えた理由は?


キングオブコントやM-1グランプリなどお笑いの賞レースで優勝すると、番組出演が約束されたり事務所から猛プッシュされるのが通常です。

なぜライスは事務所からプッシュされなかったのでしょうか?

ライスが消えた理由を調べてみました。

消えた理由は面白くないから

ライスが売れなかった理由の多くは、ネタが面白くないからです。

ライスの芸風は、シュール・ブラック・下ネタを中心にしており、最終的に死んでしまうネタが多いです。

〇〇してくれ~い!」や「小道具がバナナだけ」といった下ネタを匂わせるネタは、現代では受け入れられないのでしょう。

どぶろっくも下ネタを中心にしていますが、歌に乗せるのでイヤらしさも緩和されそこまで批判されていません。

ライスのようなシュールな笑いは、今の時代に難しいのかもしれません。

売れなかった理由は事務所のミス?

もう一つは、事務所の初動ミス

ライスがキングオブコントで優勝することを、事務所や周囲の人たちは全く予想していなかったそうです。

それでも優勝直後から1夜で40本も仕事が増えたと明かしています。

ただ優勝翌日も劇場などの営業がビッシリ入っており、テレビ出演の調整が出来ませんでした。

優勝したけど普通に寝れます。

引用:https://www.oricon.co.jp

吉本のマネージャーは複数の芸人を掛け持ちしていることで有名。

ライスのマネージャーは、ジャンポケも掛け持ちしていたのでオファーをさばけなかったという情報もあります。

ライスは一度ウケたネタを繰り返し使って、「〇〇してくれ~い!」を連呼するも世間には浸透せず。

ライスが売れなかった理由は、事務所の初動ミスもありますが、本人たちのネタが今の時代に合っていないという点もあるかもしれません。

ライス(芸人)消えても前向き発言

ライスという芸名の由来は「イメージは絶対悪くないし、日本人で米が嫌いな人はいない」から。

関町さんが命名したそうです。

ライスは世間から消えたと言われながらも、「僕らは冷えても美味しいお米なので」と明かしています。

(優勝で)熱々だったのが、ちょっと温度が下がってきている。でも、僕らは冷えてもおいしいお米。だから『冷えちゃった』とは焦ってないですね。もともと冷や飯で勝負してきたので

引用:https://www.oricon.co.jp

2人は東京出身で家も近所なことから幼なじみのような存在。

ライスの2人にとってひたすらコントをしてきたので、テレビに出てる=売れてるにはならないのでしょう。

現在は地方などの営業やお笑いライブを中心に活動しています。

  • 名前:関所知弘(せきまち ともひろ)
    生年月日:1983年3月2日生まれ
    出身地:東京都渋谷区
    身長:176㎝
    血液型:O型
  • 名前:田所仁(たどころ じん)
    生年月日:1982年10月28日生まれ
    出身地:東京都大田区
    身長:171㎝
    血液型:B型