俳優・女優

佐藤浩市が痩せて心配の声!若い頃と比較!役作りや病気説を検証

俳優佐藤浩市さんが病的に痩せたと話題になっています。

俳優の中には役作りのために病的に痩せる場合もありますが、佐藤浩市さんの場合はどうなのでしょうか?

佐藤浩市が痩せて心配の声

佐藤浩市さんが痩せたと話題になったのは、「Fukushima50」の番宣のため出演した番組での様子です。

頬がこけてしまい着ている洋服も大きく感じるような姿になっていました。

また映画コメンテーターのLiLiCoさんが2020年3月9日にアップした写真を見ると、あきらかに佐藤浩市さんがおじいちゃんになってしまったように見れます。

【比較】若い頃と現在を比較

佐藤浩市さんは身長182㎝でしっかりした体型のイメージ。

悪役からいい人まで演じれる役者として幅広い作品に出演しています。

そんな佐藤浩市さんの現在の姿は病的に痩せてしまい、見てられないという声まで出ています。

2015年に東京国際映画祭に出演した際の佐藤浩市さんと比較してみました。

頬が分かりやすく痩せていて、体も弱弱しく感じますね。

佐藤浩市が痩せたのは役作り?

佐藤浩市さんが痩せたのは、役作りだという声がありました。

俳優の中には役によって太ったり痩せたりする人も多いので、佐藤浩市さんも役作りでは?という可能性もあります。

佐藤浩市さんの公式サイトによると、2020年3月6日に公開された「Fukushima50」以降出演予定の作品はありませんでした。

可能性としては、現在撮影中でまだ情報公開出来ないということもあります。

役作りのために激ヤセしたと願いたいですね。

佐藤浩市が痩せたのは病気説


どうしても激ヤセしてしまうと病気を疑ってしまいます。

佐藤浩市さんの劇的な変化をみて病気を疑う声が出ています。

佐藤浩市さんの父三國連太郎さんの晩年をみると、急性呼吸不全でしたのでガン家系とは考えにくいです。

現在までに本人からの発表がないため真相はわかりませんが、ここまで激やせしてしまうと心配ですね。

佐藤浩市は大腸の病気だった

2020年3月17日の週刊文春の報道によると、佐藤浩市さんは手術のために絶食していたことを明かしました。

2019年9月に大腸のポリープを取る話があり、2020年1月ごろに内視鏡の手術を受けたそうです。

その手術の際に新たに腸壁部分に痕のようなものがあり、スケジュールを調整して2020年2月下旬に再手術を行ったのです。

手術にあたってトータル1週間ほど絶食したので、かなり体重が減ってしまったのです。

さらに2020年1月下旬にアニサキスに当たり、数日間食事が出来なかった佐藤浩市さん。
※アニサキスは魚介類に寄生する虫で食中毒を引き起こす原因になります。

佐藤浩市さんの激ヤセは、病気が関係していました。

時系列にしてまとめました。

  • 2019年9月:大腸にポリープが見つかる
  • 2020年1月:内視鏡の手術を受ける
    →その手術で新たに腸壁部分に異変あり
  • 2020年1月下旬:アニサキスに当たる
  • 2020年2月下旬:腸壁部分の手術

年末から年明けに渡って立て続けに病魔に襲われていたようです。

現在の佐藤浩市さんは、普段の生活に戻っているので回復したと思われます。

(病気のこともあって)お酒の量も減らし、運動は元々していたのでどんどん絞られてしまった。
体重は5㎏くらい落ちて。

引用:週刊文春

佐藤浩市さんの激ヤセの真相は、病気だったことが判明しました。

しかしこの病気も現在は完治しており、今ではゴルフや次の作品への準備に入っています。