俳優・女優

沢尻エリカの大河出演は見送り確定!帰蝶役は誰?代役予想を調査!

2019年11月16日に衝撃的なニュースが入っていきました。

女優の沢尻エリカさんがMDMA所持で逮捕されました。

演技派女優の一人で過去の失態をネタにし、最近は控えめで沢尻節が人気を集めていました。

しかし逮捕で出演が決まっていた大河ドラマ「麒麟がくる」の撮り直しが予想されます。

今回は、沢尻エリカさんの大河出演について調査してみました。

沢尻エリカが逮捕

女優沢尻エリカさんの東京都目黒区内にある自宅で合成麻薬のMDMAを所持していたとして警視庁に逮捕されました。

沢尻エリカさんは「私の物に間違いない」と認めているそうです。

maron
maron
演技派女優ですのでショックの声が広がり続けています。

警視庁は、沢尻容疑者が違法な薬物を所持しているという情報をもとに、16日午前8時すぎ、東京 目黒区の自宅マンションを捜索しました。

警視庁によりますと、沢尻容疑者はこのマンションで母親と2人で暮らしていて、沢尻容疑者の部屋の棚にあったアクセサリーボックスの中から、袋に入ったカプセル2錠が見つかりました。

カプセルには白い粉末が入っていて、このうち1錠を警視庁本部で鑑定したところ、合成麻薬のMDMAだと確認されたということです。

沢尻容疑者は、捜索の際などに抵抗することはなく、調べにも素直に応じていて、「私の物に間違いない」と供述しているということです。

警視庁は自宅の捜索で携帯電話なども押収していて、今後、MDMAの入手ルートなどを詳しく調べることにしています。

追加情報

アクセサリーケースは手のひらサイズの大きさで、中敷きの下から発見されたそうです。
中敷きの上には、アクセサリーが並んでいたそうで隠すように保管していたとのこと。
MDMA以外に薬物を使用したことがあると供述しており、日常的に薬物を使用していた可能性が出てきました。

多くのメディアでこのニュースは報じられており、注目度の高さがわかります。

2019年に入っただけで、ピエール瀧さんや元タレントの人など多くの麻薬逮捕者が出ています。

今後も芸能人が芋づる式に逮捕されてしまうのでしょうか?

映画「人間失格 太宰治と3人の女たち」で沢尻エリカさんは、33歳の現在について「めちゃくちゃ充実している」と話していました。

仕事もプライベートも手を抜きたくないタイプなのですが、今年は大河ドラマもあるので、仕事メインの年だと捉えています」と女優業に意欲を見せていたにもかかわらず昔から麻薬に手を染めていたとは…衝撃ですね。

沢尻エリカの大河出演は見送り

沢尻エリカさんは2020年に放送される大河ドラマ「麒麟がくる」に出演が予定されています。

既に撮影は開始されているのですが、今回逮捕ということで撮り直しもしくはカットが予想できます。

maron
maron
ピエール瀧さんも代役で撮り直しました。

既に「麒麟がくる」のホームページでは、沢尻エリカさんの名前は削除されています

沢尻エリカさんにとっても大河ドラマは悲願でやっと手に入れた大舞台でした。

会見では嬉しさに涙を浮かべており、「沢尻エリカの集大成をここで」と熱く話すほど想いの詰まったものだったはずです。

それを自分の過ちで全て白紙にしてしまった…

今回の事件で、完全に大河出演がなくなりました。

沢尻エリカの代役は誰?

沢尻エリカさんの役柄は、主役の戦国武将「明智光秀」の姻戚で織田信長の正妻帰蝶(濃姫)役で出演予定でした。

「麒麟がくる」のホームページから名前が削除されているので代役の準備に入ったでしょう。

予想で多かった女優はコチラです。

  • 菜々緒
  • 二階堂ふみ
  • のん
  • 栗山千明
  • 剛力彩芽

二階堂ふみさんは、2020年春に朝ドラ「エール」に参加が決まっています。

撮影は既に始まっているので可能性はありますが、沢尻エリカさんと同い年の菜々緒さんの帰蝶がみたいものです。

また、実業家の前澤友作さんと破局が報じられ本格的に女優活動を再開させる剛力彩芽さんも予想されます。

イメージが付いてしまっていますが、舞台での演技は上々。

大河ドラマに初出演してイメージ復活を図る可能性もありますね!

新たな情報が入り次第、更新します。