ジャニーズ

スノストどちらが人気?FC会員数や売上枚数・MV再生回数で比較!

2020年1月22日にSixTONESとSnow Manがついにデビューしました。

華やかなダンスナンバーが魅力のSixTONESとアクロバット集団のSnow Man。

それぞれの魅力はありますが、同時にデビューしたためどちらが人気なのか気になりますよね?

今回は、SnowManとSixTONES(スノスト)のどちらが人気か調べてみました。

Snow Manプロフまとめ!メンバーカラーや経歴・年齢を調査2020年、SixTONESと同時デビューが決まっているSnowMan。 ジャニーズJr.内の9人組グループでアクロバットを得意と...
京本大我(SixTONES)の歌唱シーンや魅力をまとめてみた!SixTONESのメンバー京本大我さんの歌唱力が大絶賛されています。 京本大我さんといえば、京本政樹さんの息子で色白で高身長・たた...

スノストが同時デビュー

2020年1月22日に同時デビューを果たしたSixTONESとSnow Man。

華やかで大人な魅力があるSixTONESとアクロバット集団と称されるSnow Man。

ジャニーズJr.時代から異例の人気を誇っていたSixTONESとSnow Manですが、同時デビューが決まったころから2つのグループは争う形で売り出されました。

デビューCDもSixTONES VS Snow Manと表記されたり、セブンイレブンのイベントでも対戦形式が取られていました。

SixTONESの田中樹さんがCDデビューを報告した際に「SixTONESとSnow Manが切磋琢磨していきたい」と明かしていました。

お互い切磋琢磨し合うことを誓っていましたが、デビューすればグループそれぞれ人気には敏感になりますよね。

スノストどちらが人気?

そこで、SixTONESとSnow Man現時点でどちらが人気か調べてみました。

  • グループのファンクラブ会員数
  • デビューCD売上枚数
  • YouTube動画総再生数
    ※数値は日々変動しますので2020年1月末現在になります。

早速見てみましょう。

ファンクラブ会員数

SixTONESとSnow Manは2019年11月20日12:00に単独のファンクラブを設立しました。

ネット情報で日々変動するので多少誤差はありますが、現在の会員数はこちらです。

  • SixTONES(ストーンズ):190,000人
  • Snow Man(スノーマン):150,000人

4万人ほどSixTONESがリードしていました。

ファンクラブ発足当時は、SixTONESが35,000人・Snow Manが24,000人と初日からSixTONESがリードしていました。

理由としては、SixTONESはジャニーズ事務所に入所して10年以上のベテランメンバーが多く、ジュニア時代からの根強いファンが多いのが影響していそうです。

その証拠にSixTONESは、デビュー前にも関わらず単独ライブで13万人を動員するなど、ジュニアとしては異例。

ただSnow Manと4万人しか変わらないので、今後も充分変動する可能性はありますね!

デビューCD売上枚数

SixTONESとSnow ManのデビューCDが、2020年1月22日に発売されました。

今回は同時デビューということで、SixTONESとSnow Manのデビュー曲が収録されています。

違いはSixTONES版のジャケット3パターンとSnow Man版のジャケット3パターンがあるところ。

6種類全て揃えると一枚のデザインになるので、全て揃えたファンも多いハズ。

2020年1月28日に発表された「オリコン週間シングルランキング」では、初週売上132.8万枚を記録し、史上初のデビューシングル初週ミリオンを達成しました。

「シングル初週ミリオン」は、2019年9月30日付でAKB48「サステナブル」以来6組目の快挙。

男性アーティストとしては、Mr.childrenの「名もなき詩」の120.8万枚を上回り歴代1位に輝きました。

2020年1月23日に発表されたBillbordJAPANのシングルランキングによると、

  • SixTONES(ストーンズ):586,350枚
  • Snow Man(スノーマン):569,152枚

こちらもSixTONESが僅差ではありますが、勝利しています。
※初週売上枚数は1月27日に追記致します。

初週売上枚数はコチラです。

  • SixTONES(ストーンズ):776,836枚
  • Snow Man(スノーマン):752,236枚

デビューから2ヵ月経った3月23日現在の売上総枚数はコチラです。

  • SixTONES(ストーンズ):871,603枚
  • Snow Man(スノーマン):891,507枚

発売から5週目に入ったころには、Snow ManとSixTONESの売上枚数は逆転しています。

約20,000枚の差が生まれた理由は、Snow Manのダンスパフォーマンスが影響していると言われています。

ジュニアで培ったパフォーマンス力が認められた証拠でしょう。

YouTube動画総再生回数

SixTONESとSnowManはそれぞれYouTubeチャンネルを持っています。

もちろんデビュー曲もYouTubeに投稿されています。

今回は、デビュー曲のMVだけをみて総再生回数で比較してみましょう。

  • SixTONES(ストーンズ):1339万回再生
  • SnowMan(スノーマン):1463万回再生

※2020年2月20日現在

2020年1月24日のときは、SixTONESのMVのほうが多く見られていました。

しかしデビューから1ヵ月経った2020年2月20日現在、SnowManのMVのほうが再生回数を上回っていました。

2020年3月26日現在の再生回数はコチラです。

  • SixTONES(ストーンズ):1663万回再生
  • SnowMan(スノーマン):1983万回再生

※2020年3月26日現在

デビュー時にSixTONESのほうが再生回数が多かった理由としては、SixTONESのデビュー曲はXJAPANのYOSHIKIさんが楽曲提供とプロデュースをしています。

滝沢さんの熱心な思いに心を打たれ、また『SixTONES』が海外での J-POP のイメージを一新させる可能性を秘めたグループだと確信したので、楽曲提供およびプロデュースを引き受けさせて頂きました。

YOSHIKIさんプロデュースということもあり話題性もあるので、SixTONESを知らない人も視聴している可能性が高いです。

それに比べてSnowManは700万回越えということで、パフォーマンスを評価する声も見られました。

それが徐々にダンスの上手さやパフォーマンスを評価されるようになり、1ヵ月経った現在は、SixTONESのMVを上回ることになりました。