俳優・女優

杉咲花の演技力は?【上手い?下手?】世間の評価や魅力を調査!

2020年秋のNHK連続テレビ小説「おちょやん」に主演が決まった女優杉咲花さん。

17歳から40歳までを演じるということで不安視されるのは、演技力ですよね。

今回は杉咲花さんの演技力や世間の評価・魅力を調査してみました。

杉咲花の演技力はあるの?

杉咲花さんは、子役時代「梶浦花」という芸名でスターダストプロモーションに所属していました。

子役時代の杉咲花さんは、少しぶりっ子なTHE かわいい系だったようです。

今の杉咲花さんからしたら想像出来ませんね!

中学生になって志田未来に憧れて研音に所属するようになってから、一気に出演作品が増えました。
杉咲花さんは2018年4月に放送されたTBS系ドラマ「花のち晴れ~花男Next Season~」で連続ドラマ初主演。

もの凄い話題になりましたよね。

そんな杉咲花さんの演技力を世間はどう評価しているのでしょうか?

演技が上手いという意見

杉咲花さんは、女子高生役からミステリアスな役まで幅広くこなします。

なので演技力が高いと評価する声が多く見られました。

杉咲花さんの演技力を上手いと評価する声の共通点は、

  • 作品に引き込まれる
  • 周りを引き込む演技
  • 演技に圧倒される

現在22歳でありながら女子高生の等身大の演技やヒステリックな役などとにかく幅広い役柄を演じています。

今後も演技力が伸びていくのが楽しみです。

演技が下手という意見

次は杉咲花さんの演技をイマイチ…と評価する声を見てみましょう。

俳優のほかに声優も務めている杉咲花さん。

  • 2014年7月19日公開「思い出のマーニー」
  • 2017年7月8日公開「メアリと魔女の花」
  • 2020年5月15日公開「サイダーのように言葉が湧き上がる」
  • 2017年8月12日ナレーション
    終戦72年特別番組 秘密〜いま明かされる4の真実

ジブリ作品で声優を担当するとは、さすが杉咲花さん。

しかし声優としては酷評の声も見られました。

特徴的な声なので違和感を抱くのかもしれません。

2018年からTOKYO FMでラジオを担当しているので、声に関するスキルを向上させていくでしょう。

杉咲花さんの演技力が下手と評価する声に共通する点は、

  • 下手だと思ったらそうでもなかった
  • 声優としては酷い

杉咲花さんといえば等身大の笑顔が魅力。

大人っぽい容姿にすることは出来ても声はどうしても幼さが出ますよね。

今後年齢を重ねれば良いお母さん役もハマりそうですよね。

杉咲花の評価は?

杉咲花さんはどんな評価を受けているのでしょうか?

2015年に新人女優賞など数々の映画賞を受賞していました。

2016年に映画「湯を沸かすほどの熱い愛」で日本アカデミー賞のほか各映画賞の助演女優賞を受賞しています。

杉咲花さんといえば等身大の演技が好評です。

新人賞を総なめしていることこそが演技力について認められている証拠ですよね。

杉咲花の魅力は何?

杉咲花さんの魅力をまとめました。

身長150㎝ほどの小柄で可愛らしい印象が強いですよね。

無垢で素直な笑顔

22歳ですが幼い容姿でニコっと笑う姿が可愛いと評価が高かったです。

素直に受け答えする姿勢が幅広い年齢層から受けている理由でしょう。

天然で守ってあげたくなる

度々バラエティー番組に出演し天然でマイペースな発言をしています。

マイペース過ぎて共演者を惑わす小悪魔的な魅力もありますが、純粋で素直だからこそ出る天然発言が可愛いのかもしれません。

名前:杉咲花
生年月日:1997年10月2日生
出身:東京都
身長:153㎝
血液型:B型