アーティスト

sumikaの年齢は?メンバーの経歴やバンド名の由来を調査!

4人組ロックバンド「sumika」

2013年に結成し、音楽以外にも映像作家や写真家・絵描き・建築家など様々な芸術作品を制作している異色のバンドです。

そんなsumikaの4人のメンバーはどんな人なのでしょうか?

若く見えますが、年齢はいくつなのでしょうか?

sumikaの年齢は?

sumikaのメンバーは4人です。

唯一年齢が公開されているのは、片岡健太さん。

メンバー 年齢
片岡健太 32歳
荒井智之 36歳
黒田隼之介 31歳
小川貴之 30歳前後

※2020年3月現在

片岡健太さん以外、公式での公表がされていないので、今後も調査します。

maron
maron
情報をお持ちの方はいただけると幸いです。コチラ

sumikaメンバープロフィール

sumikaは、日本語の住処をローマ字表記したものです。

由来としては、自分の家のような好きなモノで囲まれた空間・落ち着く空間を音楽で共有できるようにという想いが込められています。

そんなsumikaのメンバー4人は、神奈川県出身でsumikaの結成前からバンドをやっていたという共通点がありました。

sumikaのボーカル:片岡健太

名前:片岡健太(かたおか けんた)
生年月日:1987年9月30日生まれ
出身地:神奈川県川崎市
身長:175㎝
学歴:朋屋優学院高校

片岡健太さんは高校時代、美術学科を専攻していました。

建築の間取りや図面を描く授業が好きだったそうで、sumikaのバンド名もここからきたのでしょう。

高校卒業後は、専門学校「日本工学院」で音楽コースで音響などを勉強したそうです。

そんな片岡健太さんですが、26歳のときにsumikaを結成しました。

当初、片岡健太さん・荒井智之さん・黒田隼之介さんの3人態勢で結成しました。

2015年2月に新メンバーである小川貴之さんが加入しましたが、同年5月に片岡健太さんが体調不良で活動休止しました。

活動休止の理由は、喉の痛みと激しい頭痛と目眩の症状が出たため
その後、医療整体の医師から首の血流が悪いことを指摘され、首を集中的に治療し改善。
引用:sumikaブログ

長年に渡ってギターを担いで左肩が極端に下がり背骨も歪み、体が常に歪んだ状態だったそうです。

安いアイスクリームが好きと公言した片岡健太さんですが、療養中に乳製品を受け付けない体質だったことが判明していました。

2015年10月に復活し、その後sumikaはアルバムやシングルをコンスタントに発売しています。

sumikaのドラム:荒井智之

名前:荒井智之(あらい ともゆき)
生年月日:12月30日生まれ
出身地:神奈川県川崎市
あだ名:バロン

荒井智之さんは幼少期にマリンバ教室で出会ったドラムセットに興味を持ちドラムを始めました。

2003年にライブイベントで片岡健太さんと出会い、意気投合したためバンドに加入しました。

荒井智之さんは通称バロンといい、aikoの大ファンです。

sumikaのギター:黒田隼之介

名前:黒田隼之介(くろだ じゅんのすけ)
生年月日:1988年6月10日生まれ
出身地:神奈川県川崎市
学歴:国士舘大学
あだ名:じゅんちゃん

黒田隼之介さんは、元White Crowのメンバー。

White Crowは2004年に結成し、都内や横浜・川崎を中心に活動したバンドです。

2005年、高校生のための音楽イベント「YHMF」に出場。

そのイベントで優勝するなど、高い評価を得たバンドでした。

当時高校2年生だったそうで、その後の活躍を期待されました。

2009年12月末に解散していました。

解散後も存在するWhite Crowの公式サイトには、「White Crowは永久不滅」と記載されているので、sumikaとして活躍する黒田隼之介さんを元メンバーも応援しているでしょう。

sumikaのキーボード:小川貴之

名前:小川貴之(おがわ たかゆき)
生年月日:12月22日生まれ
出身地:神奈川県横浜市磯子区
学歴:法政大学
あだ名:おがりん

小川貴之さんは、元from a novelのボーカルです。

from a novelは、横浜を活動拠点とし2010年に結成されたバンドです。

切ないピアノメロディと力強い歌声で多くのファンを魅了しましたが、2014年に解散しました。

小川貴之さんは、2015年2月から新メンバーとして加入しました。

sumikaに加入したきっかけは、片岡健太さんが誘ったから。

2013年に弾き語りイベントで片岡健太さんに出会い交流があったそうです。

加入前からライブなどでsumikaのサポートをしていた小川貴之さん。

当初、メインボーカルでなければバンドはやらないと言っていた小川貴之さんですが、片岡健太さんの絶対的ボーカリストの実力をみて自分はコーラスに徹することになりました。

片岡さんでなけりゃ僕はボーカルからコーラスになる事はありませんでした!プライド全てをsumikaに預けて必死に生きることを決心しました。それぐらい彼の歌には惹かれたし可能性がある!と心の底から今も信じています!

お互いの信頼関係もそうですが、小川貴之さんがしっかり相手を認めた瞬間かもしれません。