アナウンサー

田村真子アナの家族構成まとめ!【画像】政治家&実業家の一族だった

笑顔とハキハキした司会が話題のTBSアナウンサー田村真子アナ。

落ち着いた雰囲気でアナウンサー業をする田村真子アナは、男女関係なく人気があり第2の田中みな実になると期待されています。

そんな田村真子アナの家族構成を調べてみると、政治家&実業家というお嬢様家系だったことがわかりました。

田村真子アナがかわいいし美人と話題!人気な理由は笑顔と態度?TBSアナウンサーの田村真子アナは、第2の田中みな実さんと言われるほど注目のアナウンサーです。 そんな田村真子アナがかわいいと話題...

田村真子の家族構成

名前:田村真子(たむら まこ)
生年月日:1996年2月3日生まれ
出身地:三重県松阪市
身長:154㎝
血液型:AB型

学歴

  • 松阪市内の公立小学校
  • 津市市内の私立高田中学・高等学校
  • 上智大学文学部新聞学科卒業

田村真子アナは、現在24歳。

毎週土曜日の朝の顔としてキャスターを務める田村真子アナですが、かわいいし美人と話題になっています。

そんな田村真子アナの家族構成は、3人家族。

田村真子の父は田村憲久

名前:田村憲久(たむら のりひさ)
生年月日:1964年12月15日生まれ
年齢:55歳※2020年3月現在
出身地:三重県松阪市

学歴

  • 三重県立松阪高等学校
  • 千葉大学法経学部経済学科卒業

田村真子アナのお父さんは、政治家の田村憲久さんです。

田村憲久さんは、第2次安倍内閣で厚生労働大臣と第1次安倍内閣で総務副大臣を務めています。

大学卒業後、家業であった日本土建に入社し1994年から政治家だった伯父・元さんの秘書として働きました。

政治家デビューは、1996年。

引退する伯父・元さんの後を継ぐ形で三重4区から出馬し当選しました。

主な政治活動

  • 1996年政治家デビュー
  • 2002年:厚生労働大臣政務官
  • 2003年:文部科学大臣政務官
  • 2003年:自民党三重県連会長
  • 2006年:総務副大臣
  • 2012年:厚生労働大臣(初入閣)
  • 2014年:内閣改造で退任

元々政治家&実業家の一族であった田村憲久さんは、必然的に政治の世界に飛び込んだようです。

田村真子の母はケイコ

田村真子さんのお母さんは一般人なので、経歴など見つけることは出来ませんでした。

しかし、田村憲久さんの出席出来なかった会で祝辞の代読をした動画を見つけました。

落ち着いた口調でなによりとっても美人ですね。

田村憲久さんもキリっとした顔立ちなので、田村真子アナはお父さんとお母さんの良いトコ取りしたといった印象です。

田村真子アナが美人なことが納得ですね。

田村一族が凄かった

田村真子アナのお父さんは政治家ですが、実は詳しく調べてみると田村一族は、実業家&政治家の一族であることがわかりました。

田村憲久さんの祖父・秢(みのる)さんは、政治家兼弁護士といった肩書きを持っていました。

田村憲久さんの父・憲司(けんじ)さんは、日本土健名誉会長でありながらZTV社長を務めています。

  • 日本土建は、三重県津市に本社をおく建設会社
  • ZTVは、三重県・和歌山県・滋賀県をエリアとするケーブルテレビ局

三重県ではかなりの実業家として知られているようです。

また田村憲久さんの兄・欣也さんは、日本土健代表取締役会長でありながら株式会社ケーブルコモンネット三重(株式会社ZTVの子会社)の代表取締役を務めていました。

つまりまとめると、建設業とケーブルテレビ局業といった二つの事業を成功させており、一族の中で3代に渡って国会議員を輩出する三重県の名家なのです。

田村真子アナは、2018年12月に放送されたTBS系バラエティー番組「爆笑!さんまのご長寿グランプリ2018」でお父さんの存在をプレッシャーに感じると明かしていました。

父は自民党所属の衆議院議員で元厚生労働大臣なので、プレッシャーを感じる
引用:2018年12月放送番組内

身内が実業家として活躍しているため、相当なプレッシャーの中でアナウンサーになったのかもしれませんね。