タレント

徳武竜也が電撃引退!引退理由は病気?引退文やファンの反応まとめ!

「アイドルマスターSide M」の九十九一希役などで知られる声優徳武竜也さんが急遽引退することを発表しました。

芸能活動も一切しないということで、急な発表でファンは動揺している様子。

今回は徳武竜也さんの引退理由を調べてみました。

徳武竜也が引退を発表【全文】

徳武竜也さんの引退報告はコチラです。

いつも応援して頂いている皆様へ
この度は突然のご報告となりましたこと、心よりお詫び申し上げます。
私、徳武竜也は2019年12月31日を持ちまして、声優業を廃業させて頂くこととなりました。
デビューからこれまで、関わらせて頂いた作品、キャラクター、スタッフや関係者の皆様、
そしてなによりも支えて下さったファンの皆様には心から感謝しております。
応援頂いている中、ご期待に応えることができず本当に申し訳ありません。
皆様には、どうか、これからも前へ歩み続けるキャラクターや作品を、変わらず愛して頂けますと幸いです。
お仕事をしている中で得られた感動や皆様から頂いた想いは決して忘れる事のない宝物です。
その宝物を胸に、私自身も新たな道へ進むことが出来るよう精進して参ります。
改めまして、これまで応援して下さり誠にありがとうございました。

徳武竜也さんは2015年にドラマCD「saison automne 秋」で声優デビューしました。

テレビアニメやゲーム・ドラマCDなどを中心に活躍している徳武竜也さんですが、急遽声優の廃業を発表しました。

今後の活動には触れておらず、「新たな道を進む」と述べていることから芸能界以外で活動することになりそうです。

徳武竜也の引退理由

急遽引退を発表した徳武竜也さん。

引退理由が気になったので、調べてみました。

徳武竜也が引退「病気説」

徳武竜也さんのファンの間では、「体調不良」や「病気」を疑う声が挙がっています。

以前から激太りと激やせを繰り返していた徳武竜也さん。

顔がふっくらしたりほっそりしたり写真の撮った角度かもしれませんが、撮った時期によって体重が上下していると心配されそうですね。

過去の写真を見比べても体重の上下が激しいことがわかります。

また2019年7月に突然Twitterを閉鎖しているので、「近いうちに引退するのでは?」と囁かれていました。

彼女と結婚説

イケメン声優の一人である徳武竜也さんですが、以前から自撮りの写真をSNSで載せていました。

しかし突然自撮り写真を載せなくなりました。

一部のファンは、「自撮りが減ったのは、彼女に禁止されているのでは?」と解釈したようです。

また徳武竜也さんが身に付けているアクセサリーを「彼女とお揃いなのでは?」と疑う声まで。

どちらにせよファンの憶測ですが、熱狂的なファンが多い徳武竜也さんだけに、少しの変化に敏感に反応してしまったのでしょう。

徳武竜也さんもイチイチ詮索されるのが嫌になってSNSを辞めた可能性もあります。

今回電撃引退したことで、「結婚するのでは?」といった声もありました。

ラジオの裏方業に専念する

徳武竜也さんは以前のインタビューで「声優になるきっかけ」を明かしていました。

もともと声優を目指していたわけではなくて、ラジオのディレクターのようなスタッフ側になりたかったんです。

でもスタッフさんもうまくしゃべれる人が多いじゃないですか。

それで専門学校の声優タレント学科で一度学び、在学中のオーディションで今の事務所に合格をいただいて、そこから声優っていう方向に切り替わりました。

昔からラジオが好きで、中学校の時は受験勉強をしながら聴いてました。

学生向けのラジオとか、それこそ声優さんのラジオとか、トークがすごく面白いじゃないですか。

いろんな番組を聴いているうちに、面白い番組ってパーソナリティの方とスタッフさんの連携が取れているなと感じて、自分が出るというより面白いパーソナリティの人たちと関われるようになれたらいいなと思いました。

徳武竜也さんは以前からラジオの魅力を広めていくのでは?と言われていました。

このインタビューを知ったファンは、いずれ声優をやめ裏方の専念すると予想していたようです。

徳武竜也さんも今後について明確にしていないことから、少しの間ゆっくりして裏方の仕事をしていくかもしれません。

徳武竜也の引退に対するファンの反応

徳武竜也さんのファンは今回の引退報道をどう受け止めているのでしょうか?

まって。まって。まって。え?え?どういう事?廃業って、辞めるってことよね?
どうしたんだ徳武さん、、、まじで???

 

徳武さんの九十九先生が聞けなくなるの悲しい…けど本人の意向ならしょうがないね…

ファンの声をまとめると、

  • いままでありがとう
  • 仕方がないことかもしれない
  • どうして?

と、いった声が多かったです。

しかし、多くのファンが動揺する中で徳武竜也さんをよく知るファンは、仕方がないと受け入れていました。