俳優・女優

キングダム羌瘣(キョウカイ)役・山本千尋で決まり?過去に演じていた!

2020年5月29日にキングダムの続編が発表され、主要キャストになるであろう羌瘣役に注目が集まっています。

ネットでは土屋太鳳さんや清野菜名さんなどアクションが得意な女優を予想する声がある中、すでに羌瘣役を演じたことがある山本千尋さんを推す声が多く上がっています。

今回は、山本千尋さんが羌瘣役にハマっていると言われている理由を調べてみました。

キングダム2で羌瘣(キョウカイ)役は山本千尋で決まり?

キングダム2の内容は発表されていませんが、前回のところから推測すると原作では5巻以降、つまり羌瘣が描かれる場面ではないかと言われています。

キングダムの続編が発表されると、羌瘣を誰が演じるかネットを中心に予想合戦が炸裂しました。

ネットの予想で多かったのは、若手女優の山本千尋さんを推す声です。

山本千尋さんはすでに羌瘣役を演じたことがあり、はまり役だったことから適任だと言われています。

実写化映画キングダムが公開される前の2016年4月に、キングダム連載10周年企画として実写特別動画が公開されました。

そこで登場した羌瘣役を演じたのが山本千尋さん。

羌瘣は可愛い素顔でありながら暗殺集団「蚩尤」の末裔として育てられたので、高い戦闘力を持つキャラクターです。

リズミカルな剣術を繰り出す羌瘣を演じるためには、演技力はもちろん高いアクション技術が必要。

山本千尋さんは芸能界に入る前、武術選手として活躍していたので、キングダム2で羌瘣が出演するなら山本千尋さんだと言われているのでしょう。

山本千尋は武術太極拳選手だった

山本千尋さんはスターダストプロモーションに所属する若手女優です。

芸能界に入る前は中国武術を3歳から習い、武術太極拳選手として活躍していました。

中国武術を習ったきっかけは、香港のアクション映画が好きな母親の影響で、山本千尋さんのお姉さんと一緒に始めたそうです。

小学生になると週6で武術太極拳の練習を開始し、数々の大会に出場しています。

主な実績

  • 2008年12月
    第2回世界ジュニア武術選手権大会
    →金メダルと銀メダルを獲得
  • 2010年~2012年
    JOCジュニアオリンピックカップ武術太極拳大会
    →長拳・剣術・槍術で3連覇
  • 2012年9月
    第4回世界ジュニア武術選手権大会
    →金メダルと銀メダルを獲得し、2度目の世界一
    →競技生活を引退

世界ジュニア武術選手権大会で2度も金メダルを獲得したあと女優に転身しており、新世代アクション女優と注目されているのです。

キングダム羌瘣(キョウカイ)役・山本千尋のプロフィール

名前:山本千尋(やまもと ちひろ)
生年月日:1996年8月29日生まれ
出身地:兵庫県神戸市
身長:155㎝
血液型:O型

山本千尋さんには、年齢は明かされていませんが姉が1人います。

山本千尋と姉ビデオ電話をしていることも明かしていたので、仲は良いようですね。

山本千尋さんは、芦屋学園高等学校普通科アスリートコースを卒業後、ハリウッドのアクション映画女優に憧れて1年間アメリカ留学しています。

キングダム羌瘣(キョウカイ)役・山本千尋の経歴

山本千尋さんは高校2年生の2013年に舞台「時空警察ヴェッカー1983」で女優デビューしました。

女優を目指したきっかけは、日テレ系「スター☆ドラフト会議」でスター候補生として出演した際にアクション女優を勧められて、武術太極拳を広めたい想いと重なり芸能界に入ったそうです。

2015年から1年弱アメリカ留学したあと、キングダム連載10周年実写特別動画で羌瘣(キョウカイ)役を演じて話題になりました。

ウルトラマンや仮面ライダーシリーズから時代劇など幅広い役柄を演じています。

山本千尋さんが本格的なアクション女優として活躍する日は、近いでしょう。